この数カ月で急に流行したのが、オンラインによるリモート飲み会。初対面の人とお酒を飲みながらカメラ越しに話をする、というのはなかなか新鮮な体験ですが、そこで男性にも女性にも好印象を与えるにはどうしたらいいんでしょうか? モテ作家でボディメイクトレーナー、アンドウミカさんの「魅力アップ道場」今回は、オンライン飲み会でのモテしぐさについて。
アンドウ ミカ

writer :

アンドウ ミカ
この数カ月で急に流行したのが、オンラインによるリモート飲み会。初対面の人とお酒を飲みながらカメラ越しに話をする、というのはなかなか新鮮な体験ですが、そこで男性にも女性にも好印象を与えるにはどうしたらいいんでしょうか? モテ作家でボディメイクトレーナー、アンドウミカさんの「魅力アップ道場」今回は、オンライン飲み会でのモテしぐさについて。

わたくしアンドウミカ。ZOOMではフィルター加工が使えない(PCでは使えます)上に、外出自粛中なのでわりとスッピンに近い状態なので、これと言って全然盛れてない状態の44歳です(笑)。ですが、この1ヶ月の間に、数名の素敵な女性とも知り合え、数名の男性からもリアルで会いたいとお誘いをいただきました。…オンラインの出会いの可能性、すごいです!

オンライン飲み会など、ZOOMなどを使ったオンラインで知らない人とも会話することが増える今日この頃。せっかくの出会い、異性にも同性にも「リアルで会えるようになったら、是非会いたいです!」と言われるような、素敵な出会いにしたい。
今回は、同性を敵にしない、リアルな場でもオンラインでも使える、モテるしぐさをお伝えします!

バーチャル背景より部屋を見せよう

バーチャル背景を可愛いものにしておくよりも、実際の部屋の方が生活や人となりを想像できるので良いです。もちろん、部屋がやたらと散らかっていたりしたら、映らないように工夫は必要ですが。

私はスタジオにいることが多いので、壁はピンクと白のストライプで、とても明るい雰囲気です。他の方は、スタイリッシュなお部屋に観葉植物が置いてあったり、漫画本が沢山並んでたり、それぞれで個性が溢れています。バーチャル背景の人は、謎が多く親しみづらいと感じる人もいるかもしれません。



会話に入る・名前を呼ぶ

初めての方が多くても、臆せず発言してその場を楽しみましょう。誰かが話した内容に共感したら「◯◯子さん、私も同じ〜!」とか、「◯◯◯男さん、何飲んでるの?」などなど、できれば下の名前で呼んでみましょう。急にグッと親近感が湧いて、親しみやすくなります。

会話が弾まない時は、自分から楽しい提案をすると、よりいいです。ZOOMで出来るゲームも、検索すれば沢山出てきます。ホワイトボードを共有して、みんなでお絵かきも楽しいのでおすすめ。会話に入れていない人に進んで声がけをするなど、受け身ではなく一緒に会話を盛り上げる姿勢は好感度が高いです。

食べたり飲んだり自由がいい

軽い集まりならば、じーっと画面の前であまり動かず真面目にしているより、せっかくのオンラインの集まりなので、「ちょっとコーヒーいれて来まーす」など、自由にした方がとっつきやすい印象を与えます。オンラインは、リアルで会うよりもお互い様子をみたり気を使ったりするので、相手の人となりがわかるのに少し時間がかかります。何より、親しみやすさが大切。

先日オンラインの集まりで、突然もりもり何かを食べ始めた女の子がいて、「お腹空いちゃって(笑)」と。無邪気でとても可愛いです!

とにかく笑顔

人の話を笑顔で興味深そうに頷きながら聞いたり、明るい印象を。これも、距離があるからこそ「やたら笑顔」がすごく大事。なるべく表情豊かに、感情が画面を通して表情で伝わるようにしましょう。
これは、リアルな場でも必須です! なんなら、あまり会話に入れていなくても「笑顔で楽しそう」だけ出来ていれば、印象が悪くなることはありません。

少し画面上に寄りがちなのも、個人的にはおすすめです。お顔がしっかり見えるから。人によってスマホで入っていたり画面の大きさもそれぞれなので、笑顔や表情がしっかり見える方がいいです。

注意してほしいこと

・一人だけフィルターを掛けてウサギの耳とか付けちゃう

これ、結構イタく見えることもあり、ちょっと大人の集まりだと、誰も触れなかったりします。

・人が話そうとしているところで気にせず喋る

発言はした方がいいですが、勝手に進行したり、自分のことを話しすぎるのはマイナス。同じタイミングで喋り出した人がいたら、「◯◯さん、どうぞ♪」と譲りましょう。

・ながらZOOMで聞いていない

仕事しながら片手間参加の方もありの集まりなどもありますが、正直何しに来ているのか謎なので、何かをしながらの参加者はあまりおすすめしません。

・画面が暗い

間接照明でムーディーだとしても、画面越しで見たときにお顔も部屋も暗いと、暗い雰囲気に引きずられて会話が弾みづらくなったりもします。交感神経を上げるような明るい部屋で明るい印象を作りましょう。

好みの人にだけやってみてほしい「モテしぐさ」

このコラムで一番大事なポイントはここ!
意中の相手にだけ、何かを具体的に褒める。
これだけです。とても簡単です。
やり過ぎると他の同性からあざとく見られるので、ぽろっとさり気なくやって欲しい。

例えば、画面に写っている部屋の後の方に飾ってある何かを見付けて「◯◯さん、後ろのあれ、なんですか?…そうなんだ! 男の人の部屋って、なんか良いですね♡」とか、「◯◯さん! 会話と全然関係ないけど、そのシャツ似合ってますね! 素敵です♪」など。
これ、ハードル高そうだけど、言って見るとそんなに臆せず言えるもんです。敵を作らないために、ついでに同性にもやっておくと平和かも。

意中の人が話した内容に興味を示して、「それ、後で教えてもらっても良いですか?」など直接連絡を取る流れを作るのも良い。

今、オンラインの集まりは様々な分野で行われています。SNSで友達同士で声を掛け合っても良いし、検索して出て来た知らない人だらけのところに参加してみるのも面白いと思います。恋愛対象に限らず、異性も同性も良いお友達が増えることは素敵なことです!人に好かれて損はなし!是非、やってみて下さい♪



アンドウ ミカ

セクシーコンサルタント・ボディーメイクトレーナー・作家・恋愛や人生のお悩みカウンセラー。グラフィックデザイナー、ダンサーを経て、2009年よりトレーナーに転身。「女性は”セクシー”を磨くだけで、全てが磨かれる。」をモットーに、セクシーコンサルタントとして数多くの女性の「美」を磨く。また、虚弱で自信がなかった自身を、ダンサーやモデル業をこなす、メンタルと身体に変えた経験をワークアウトや本に。沢山の女性に「自分自身をもっと好きになってもらいたい!」そんな思いでコラムを書いています。日テレ「魔女たちの22時」で魔女として紹介され、その後もメディアに多数出演。

関連記事

カテゴリー