新規会員登録はこちらから
  • HOME
  • 美容
  • 二重まぶたにしてから激モテした女性の体験談…がスゴい!

二重まぶたにしてから激モテした女性の体験談…がスゴい!

二重
美容

一重まぶたがコンプレックスだったA子さん(30歳)が二重まぶたの整形手術を受けたのは、今から2年前のこと。

きっかけは、お付き合いをしていた男性から「俺と話していても全然目を見てくれないし、楽しくなさそう。A子を幸せにする自信がない」と別れを告げられたことでした。

「笑うと目がなくなるくらい細くなるのが嫌で、笑顔がひきつってうまく笑えなくて、彼と一緒に撮った写真も無表情のものばかり。これじゃ振られて当然ですね」と当時を振り返ります。

彼と別れ、転職を考えたA子さん。

「新しい自分に生まれ変わりたい!」と、二重まぶたの整形手術を決心しました。

二重の威力ってすごいっ!モテを即実感

二重
「今って短時間で二重まぶたに整形できちゃうんですね。長年悩み続けてきたのが嘘みたいです」とA子さんは大きな瞳で笑います。
二重にして、何か変わったことはあったのでしょうか。

「モテ効果は即実感(笑)とにかくモテるようになりました」

街へ出ればナンパされるし、ファッション誌の読モにもスカウトされる。

「美容室のカットモデルなんて、しょっちゅう声をかけられますよ。ヘアカラーやトリートメント、まつげエクステも、インスタグラムに投稿することを条件に全部タダでやってもらってます」と、何とも羨ましい話!
二重

ほかにも、「男性とすれ違うたびに視線を感じるようになった」といいます。

「モテる女性って、こんなに日常的に男性から視線を浴びるんだって驚きました。見られることで、さらに美に磨きがかかって自分に自信がつき、よりモテるようになるんだと思います」

A子さんも二重まぶたにするなり、“モテのスパイラル”に乗れたようです。

合コンでは常に“一番狙い”のポジションに

「以前は合コンには参加しても、いつも蚊帳の外。男性はかわいい子に夢中でした。2次会に誘われることはまずないし、屈辱的な思いはたくさんしました」

男性って単純で分かりやすいですからねぇ……。

それが今ではA子さんが話題の中心に!

席替えタイムになると、こぞってA子さんの隣に座りたがるんだとか。

「いわゆる“一番狙い”のポジションですね。2次会のカラオケも最初に誘われるようになりました。私が行かないと、じゃあ今日はこれで解散!みたいな(笑)」

二重まぶたにして、完全に主役の座をゲットしたんですね!

モテたのは男性だけじゃない!?

二重まぶたにしてモテた相手は、男性だけじゃなかったとか。

それってどういうこと?

「美人の仲間入りをしたことでスムーズに物事が運ぶというか、人生こんなに生きやすくなるとは思ってもいませんでした」

父親の海外転勤でカナダで10年暮らしたことがあるA子さん。

得意な英語を活かせる職場で働きたいと思っていたそうですが、「外国人って目に喜怒哀楽の表情をつけて話すじゃないですか。あれがどうも苦手で……」でも、「二重にしたことで笑顔に自信が持てました。会話がはずんでコミュニケーションがうまくとれるようになると、新しい仕事をどんどん任されるようになった」と嬉しい誤算も。

仕事をしながら同時通訳の学校に通い、スキルアップをしたA子さん。

努力と実績が評価され、「転職して半年たった頃、社長秘書に抜擢されたんです。異例の人事に社内がざわつきました」

男性からも仕事からもモテモテに!

忙しく充実した日々を満喫しているそうです。

男性を見る目にも変化が

パーティー
自分に自信が持てず、自己評価が低かった一重の頃は、「こんな私に声をかけてくれる人=優しい人って思ってました。弱気ですよね」

男性に誘われることに慣れてくると、「本当に自分のことを大事にしてくれそうか見極めるようになった」といいます。

すっかりモテるようになり「男性が選び放題になった」A子さんは、より高スペックな男性を効率的にゲットするため、合コンから婚活パーティへと恋人探しの場をシフト。

すると、「会場へ入るなり、男性陣が私のことを一斉に見るんです。フリータイムではたくさんの男性が私を取り囲みました。“笑顔が魅力的”だとか、“女優の○○に似てる”とか、次から次へと口説かれてびっくり

わぁ……それは快感!

その中から一番タイプだった5歳年上のイケメン開業医を選んだそうです。

モテ人生の始まり!毎日が幸せ

「二重まぶたを手に入れてからは、モテ人生の始まりでした。メイクの幅も広がって、今は鏡を見るのが楽しい。重くて腫れぼったい一重まぶたのときは、アイラインをひいてもパッとしませんでしたが、二重になってアイシャドウの絶妙なグラデーションが決まるようになりました」と、目元を見せてくれたA子さん。

おや? 左手の薬指にキラリと光るものが……。

「実は交際1年の記念日にプロポーズされて、来春、入籍するんです」

彼のご両親から「きれいなお嬢さんが息子を選んでくれて嬉しい」「美人さんにお嫁に来てもらえてよかった」と言ってもらえたそう。
指輪
まぶたが一重から二重になっただけで、こんなにも人生が変わるなんて!

2年前までが嘘のように、モテ街道を走ってきたA子さん。

たかが二重。されど二重。

「毎日楽しくて、幸せです!」

瞳をキラキラさせて笑うA子さんがとても印象的でした。

ライター:麻生アサ(Lily-Jay編集部)

Lily-Jay編集部

2,331 views

Lily-Jay編集部です。

プロフィール

関連記事一覧