新規会員登録はこちらから

早い方がいい!? キラキラ女子になるための自己投資♡

対談・座談会
Lily-Jay(リリージェイ)のサイトリニューアルを記念して、第1回目の座談会を開催。サイトのコンセプト「あなたに美来(ミライ)を~自分に投資!応援メディア~」にもある<自分への投資>をテーマに、今回は4人の女性に集まってもらい、彼女たちが普段行っている美容やダイエットなどの自分磨きについて、また過去にどんな自己投資をしてきたかについて本音で話してもらいました。

座談会参加者
五位渕のぞみ(ライター/スタイリスト)
20代前半から少しずつ美への自己投資をして、現在はダイエットやビューティー系の記事の執筆なども。

布川桃花(モデル)
お父様はタレントの布川敏和さん、お母様はつちやかおりさん。お仕事柄美意識が非常に高い。参加者の中でダントツ最年少の23歳。

松野エリカ(美容料理家)
20代のうちから美への自己投資をしてダイエットにも成功。現在美容料理家として活躍し、2017年から料理教室も開催。本サイトでは美容栄養学についての執筆も担当。

S(某美容系企業勤務OL)
都内の美容関連企業に勤める一般OL。

――まず、自己紹介をお願いします。

布川桃花:モデル・タレントとして活動しています。お仕事はブライダルモデルなどが多いです。美容がものすごく大好きで、美に対する勉強に日々励んでいます。
S:普段は美容関連の会社で働いています。もちろん美容に関することは大好きです。
五位渕のぞみ:映像制作会社で勤務しつつ、美容系の資格を取得しダイエットライターやヨガイベント主催などもしています。
松野エリカ:美容料理家として「女性を美しくする」をテーマにお料理教室を開催しています。昔ダイエットに失敗し、栄養失調やPMSなどカラダを壊したことをきっかけに栄養士になり、同じように悩む女性を『食』で美しくする!!と決意しました。ドバイでスイーツのプロデュースをする経験などを経て、現在は「美×食」をコンセプトに料理家としてコラムの執筆などの活動もしています。
五位渕のぞみ:え?今ものすごくスタイルが良くて太っていたように見えないけど、どのくらい痩せたんですか?
松野エリカ:14kg!1か月で12kgくらい痩せました。
布川桃花:1か月で12kg?!どうやって痩せたんですか?
松野エリカ:ひたすら食べないで痩せました。
S:リバウンドもないんですか?
松野エリカ:その時はリバウンドというよりも体調を壊してしまいました。でも短大、専門学校で栄養学も勉強して、今は「太らない食事」をあみだしたので、今もリバウンドはないですね!

――いままで「どんな自己投資をしてきたか」についてお聞かせください。

松野エリカ:20代前半で脱毛サロンに行き始めたり、ブランドの化粧品を買いそろえたり、だいぶ自己投資してきたと思います。美容院は多いときで2週間に1度行ってヘアケアをしたり、ネイルサロンも必ず通っていました。10代の頃はバイト代をすべて洋服や化粧品に使っていたと思います。今はヨガで運動したり、マッサージに通ったりしています。
五位渕のぞみ:
対談3

S:就活の時期にお母さんと一緒に百貨店の化粧品コーナーに行って、面接のためにメイクの勉強をし始めました。メイクデビューが遅く、はじめはついハイブランドのものを買っちゃっていました!でも「化粧品もブランドじゃなくて、自分の肌に合ったものを選ばないといけない」ってことや、そもそもベースであるお肌を大事にケアしていくことが大事なんだって20代半ばから気づいて、フェイシャルエステなんかにも通いました。
布川桃花:私は高校が厳しかったので、メイクに目覚めたのは大学に入ってからでした。脱毛は全身やりたいけど、全身脱毛は高いので部位的にチョイスしてやっています。

座談会4

――どうして「自己投資」をしようと思ったんですか?

松野エリカ:中学生の頃に陰湿ないじめにあっていて、見返してやろうと思って。まず誰が見てもキレイだなと思ってもらえるように外見を磨こうと思ったのがきっかけです。
五位渕のぞみ:10代の頃芸能の仕事をしていて、とにかく可愛く綺麗になりたいと思ったのがきっかけです。
布川桃花:私もモデルの仕事をしているので。
S:私は就活の時に面接に受かりたくて、「顔採用」って言葉もあるくらいだしやっぱり外見も大事かな?と思って。

座談会5

嘘かと思うかもしれないんですけど、メイクをしていない時にあまりうまくいっていなかった就活が、メイクをして見た目にも気を付けるようにしたら、そこから内定を出してくれる企業が増えたんです!(笑)これ実話です。

――「カラダを内面的に美しくする」ためにはどんな努力をしてきましたか?

松野エリカ:今の仕事に繋がることなんですが、まずは「食事」だなと思い栄養士の資格を取得しました。食事を変えたことによって重い生理痛も克服できました。
お肌もキレイになるし、何よりカラダが疲れにくくなりました。

対談

布川桃花:お肌のためにビタミンサプリをとったり、「高濃度酸素水」を毎日飲んだりしています。
五位渕のぞみ:私もお肌のために毎日乳酸菌をたくさんとるようにしています。ヨーグルトとかぬか漬けはよく食べるようにしてます。
S:私は「空気」をキレイにしようと思って、自分の部屋の空気をキレイにする努力をしています。
五位渕・松野・布川:空気とかすごい!!
S:ちなみに渋谷のスクランブル交差点と自分の部屋ってどっちが汚いと思いますか?
布川桃花:断然渋谷のスクランブル交差点だと思うけど・・
S:それが部屋の空気の方が汚いんですよ!空気の循環が悪いから。友達からそれを教えてもらってから空気清浄機を購入して、自宅の空気を常にキレイに保つようにしてます。これが美肌に繋がっていると思います。

――ダイエットに食事面で気を付けていることはありますか?

松野エリカ:外食が続いたら3日以内に食事を減らすなどして調整するように心がけています。ほかにも夜がイタリアンだったら昼は和食にしたり、あと小麦は控えるようにしています。パンや白いお砂糖は外食以外はあまり摂らないようにしています。
布川桃花:野菜を多くとるようにしています。小さいころは外食より自宅での食事が断然多かったですし、現在も外食が続いたら、自宅での食事で調整しています。
五位渕のぞみ:ドクダミ茶とルイボスティーを毎日飲んだり、お水も1日2リットル飲むようにしています。ラーメンやスイーツ、食べ放題に行くのも大好きなので、便秘にならないようにたくさん水分をとるようにしてます。お肉などタンパク質もたくさんとって筋肉作りも心掛けています。あと定期的にメンテナンスも兼ねてエステにも行ってます。
S:えー、みんな徹底してますね!ダイエットの知識が豊富でびっくり!

――好きなスーパーフードはありますか?

松野エリカ:ビタミンミネラルが豊富な「キヌア」が大好きです。自宅にも常備していて、サラダやスープに入れて食べています。
布川桃花:私は「ナッツ」や「はちみつ」が好きでよく食べています。
S:私も「アサイー」とか、スイーツ感覚で食べられるものが大好きです。
五位渕のぞみ:「チアシード」も良いですよ。ヨーグルトに入れて食べたり。

―整形が最近オープンになりつつあるようですが、ホントですか?

五位渕のぞみ:最近「整形したー」って何人か友達に言われました。私の友達は目を切開して、すごく綺麗になって性格まで明るくなったから、彼女を見ているとホント良かったなって私も思います。
松野エリカ:大学の頃から「二重整形」はやっていた子がいたかも。「アイプチやるの大変だからー」って感覚でやる友達もいました。見た目がきれいになる努力の1つだし、自信がついて性格が明るくなる子も見ているので偏見はありません。
布川桃花:整形?ではないかもしれないけど、私は「歯の矯正」をしました。矯正する前は好きな人と話せなかったし、写真を撮られるのも嫌で、いつもマスクをしていました。18歳くらいに親にお金を出してもらって矯正したけど、矯正したことで自信もついたし良かったです。
S:「大学の入学祝い」で整形を親にプレゼントしてもらっている友達が私のまわりにもいました。 整形をして気持ちが前向きになったって人が親御さんの知り合いにいて、自分の娘がコンプレックスを抱えたまま大学生活を過ごして欲しくないっていう気持ちからプレゼントされたそうです。
五位渕のぞみ:やっぱり以前より整形は身近になったし、オープンになってきてますよね!実は私も今年顔のほくろを取りました。これも整形の一つですかね?(笑) ホントだったら20代前半に取りたかった。

座談会

――「美女は一億円得をする」って言葉がありますがホントだと思いますか?

五位渕のぞみ:私のまわりの美人の友達はお金持ちと結婚して幸せになってますね。野球選手や会社の社長さんとかと。やっぱり美人はホント得してる!
松野エリカ:私の大学時代の美人な友人は合コンではもちろん、二人で出かけても食事代を一回も払ったことないって言っていました。最近久しぶりに再会して、学生時代あんなこと言ってたよねぇって言ったら「今もだよ」ってさらっと言われました。(笑)
布川桃花:美容室のモデルをお願いされてカラーして撮影して、逆にモデル代としてお金もらえちゃうくらいです。
S:美人は就職が有利な気がします。さっきも話した「顔採用」みたいな。だから「美人は一億円得をする」という言葉、現実にあると思います。

座談会

――まだ自己投資を始めていない若者へアドバイスはありますか?

五位渕のぞみ:自己投資をして一番違うのは、やっぱり自分に自信がつくこと。そうすると物事の視野が広がったりもするので、若いうちに自分磨きをたくさんしていろんなことに挑戦してほしいと思います。
布川桃花:私は23歳ですが、外面を磨くと内面も変わっていくので大学生のころ歯の矯正をして、お金はかかったけどそれ以上にものすごく自信もついた。これからもどんどんステップアップしていくために、まだまだ自己投資していきたいと思っています。
S:就職後は仕事でまとまった時間がどんどん取りにくくなります。時間に余裕がある若いうちに、たくさん自分のために時間を割いてほしいと思います。お金もかかるけど、今はクレジットカードを使わなくても分割で支払いができるお店が増えてきているので、思っている以上に美容にお金を投資することへのハードルは下がってきています。
松野エリカ:私もそう思います。ためらっている時はハードルが実際より高く見えて、実際にチャレンジしてみるとその高いと思っていたハードルが思っているより低くかったってことはよくありますよね!さっき自己紹介のときに、ドバイでスイーツブランドのプロデュースをしていたという話をしましたが、当時そもそもドバイでそういった仕事があったわけではないんです。20代半ばにレストランでパティシエをしていた時、自分のお客様にOLの方が多く、その人たちに満足してもらうスイーツを作りたいのに自分はお客様がどんな毎日を過ごしているのか全く知らないなぁと気づきました。そしてパティシエを一度中断してOLになったことがあるんです。「食」とは一切関係ない会社の事務をしたんですが、やっぱり私は料理が好きで、早く料理の仕事に戻りたいなぁと考えていたんです。そんな時、その会社の社長がドバイと太いパイプがある話を聞いて、おもしろそうだし行ってみたいって思ったんです。そこで自分の強みである料理を使った企画書を作って、「ドバイでスイーツのプロデュースがしたいです!」って社長に直談判しに行ったんです。(笑)
S:行動力すごいなぁ!その会社ってそもそも料理関係の会社じゃないんですよね!?
松野エリカ:はい。なので正直社長もはじめはびっくりしていたんですけど、「なんかおもしろそうだね、やってみようか!」ってことになって、それでドバイ行きのチャンスが得られたんです。チャンスって、結構日常に当たり前に転がっていると思います。なにかやろうと迷ったりした時は、ダメ元でもいいから挑戦してみてほしいです。それは自己投資も同じ!

座談会

布川桃花:そうですよね、チャンスって自分で掴むものですもんね!確かにお金も時間も若いうちは自分のためだけに使えたりするし。ドバイだって行けちゃいますもんね!(笑)

座談会

今回座談会で改めて本音トークをしてわかったのが、憧れる「キラキラ女子」になるためにみんなたくさんチャレンジと失敗を繰り返して、努力をしてるんですね。若いうちからいろいろなことにチャレンジするためにも、まずは自分磨きの投資をして自分に自信をつけましょう!人生において早すぎるということは、1つもありません。
「やりたい」と思ったときが、始めるべきベストな瞬間です。
みなさんも「キラキラ女子」目指して一緒にがんばりましょう!
Lily-Jay(リリージェイ)はそんな女性たちを応援します!

lilyjay

Lily-Jay編集部

5,195 views

Lily-Jay編集部です。

プロフィール

関連記事一覧