新規会員登録はこちらから

寒暖差に負けない!心と体を作る

秋
マクロビオティック

こんにちは。美容料理家/ERICHE代表 松野エリカです。

暑さが残る気候から一転、突然気温が大きく下がり、体調が優れない方も多いのではないでしょうか?また理由なく、もの悲しくなり切ない気分になったり、自分に対してネガティブな感情を抱いている方も多いことかと思います。

しかし、体調が悪くなるのもネガティブな気持ちになるのも、全ては「秋」という今の季節が関係しています。

今日はそんなあなたの不調について季節を通して紐解いていきましょう!

1年のうちで最も体調を壊しやすくなる時期は?

秋

1年の間で最も体調を壊しやすい時期はいつかご存知ですか?真冬の寒いときかと思いきや、実は晩夏~秋であるこの時期なのです。

以前お話ししたマクロビオティックの陰陽バランスで考えていくと、(詳しくはこちら)気温が高かった春夏、自然界は陽性です。

しかし、気温が下がり始めると陰性へと変化します。9~10月は自然界の陰陽バランスが真逆に変わろうとする時期。そのエネルギーはとても不安定なため、私たち人間も心身のバランスが不安定になり体調を壊しやすくなります。

冷たい飲み物や食べ物、クーラーの下で冷え切った体はあなたが想像している以上に疲れている可能性があり、溜まったその疲れが一気に出てくるのも今の時期です。

無性に悲しくなるのは・・・

無性に悲しい

涼しくなったと同時に理由なく悲しくなることはありませんか?

無性に人寂しくなったり、まるで自分がダメ人間のように思えたり、意味なく泣きたくなる日があるかもしれません。でも決してあなたがダメなわけではなく、むしろそれは体が自然界に沿って生きていこうとしている証拠。

先ほど、自然界の陰陽が「陽」から「陰」へと変わると述べましたが、陽が持つエネルギーは活発で明るく力強いものです。夏が来ると海へ行こう!お祭りへ行こう!と気分が高まっているのは陽性のエネルギーが働いているから。陰性はその逆で、静かで落ち着いていて、それは時にネガティブなエネルギーを放ちます。

つまり、悲しくなったり、人肌恋しくなるのはこの陰性のエネルギーのせい。そのような感情に苛まれたときは、自分を責めずに「自然界がそうだから仕方ない!」と、割り切ってしまうのも一つの手です。

秋のお料理のポイント

秋の料理

気温が下がったのにも関わらず、いつまでもトマトやきゅうりなどの夏野菜を夏と同様に生で食べていては、体が冷えて体調を壊す原因になります。気候や体、心が不安定な時に食べるべきものは「球体(丸)」の野菜です。かぶ、かぼちゃ、たまねぎ、キャベツなど自然の甘みが強い野菜が多いのが特徴です。(夏野菜は除きます)

球体(丸)はこの世の中で最もバランスが取れている形です。人は食べたものから作られています。形のバランスが良い野菜を食べる事で心や体が安定するというのがマクロビオティックにおける考え方です。

そして調理法は「生」や「冷たい」から、「加熱」、「温かい」へ変えていきます。トマトやナスなど夏野菜が食べたい場合は、生食するのではなく火を通して炒めたり、蒸したりして食べるようにしましょう。

風邪を引きそうだな…と思ったら!

気を付けていたつもりだけど「ヤバイ!風邪を引きそうだな…!」と思ったら、まずは体を冷やさないことを徹底します。

飲み物は常温、もしくは温かいものを。精製糖たっぷりの清涼飲料水も体を冷やしますから、お茶や水など糖の入っていないもの、もしくは控えめのものを選ぶようにしましょう。どうしても冷たい飲み物を飲みたい時は、日中体温が一番高い時間に飲むようにしましょう。

そして野菜は生よりも火を通し、その他の料理も熱を通したものを食べるようにチェンジします。体温を下げないよう心掛けましょう。中でもスープは体をよりしっかり温めてくれるのでオススメです。水に溶けやすいとされている水溶性ビタミン(ビタミンB群、ビタミンCなど)の栄養も余すことなく摂ることができます。

スープ

大切切な事は食事だけではありません。風邪を予防するために最も効果的なのは質の良い睡眠を取ることです。免疫力を維持し、高めるためには欠かせません。理想は午前0時前にベッドに入ることです。翌日の目覚めがスッキリ爽快なことを体で感じることができるでしょう。

そして、お風呂はシャワーだけでなく、湯船にしっかり浸かるようにします。入浴後、長く起きていては湯冷めしてしまうので、寝る直前に入り、体が暖まっているうちに寝るようにしましょう。

なんだか人肌恋しい!悲しいな…と、感じたら。

悲しい気持ちから抜けられない場合、マクロビオティックでは<肺>が弱っている証拠だと考えます。

特にこの秋の時期は<肺と大腸>を養う季節とされており、他の季節よりも肺が弱りやすくなっています。肺は乾燥に弱いため、体内を潤いで保つように努力する必要があります。焼いて水分を飛ばしたパンやお菓子は、体内の水分を吸収して乾燥の原因になる可能性があるため、主食はお米を食べるようにします。

強い苦味にも弱いとされているため、たばこやビール、コーヒーは控えるようにしましょう。また、激辛の食べ物は発汗作用があり呼吸が早くなる性質を持ちます。水分代謝が良くなりますが、発汗して体温を下げる作用があることを考えると夏向きの味覚です。これも肺にダメージを与えやすいのでご注意を。

enjoy autumn

気温が上がったり下がったり、気分も上がったり悲しくなったり、一年のうちで最も不安定な今の時期ですが、自然界の流れをしっかり理解して快適に過ごせるようにしましょう!

松野 エリカ

489 views

美容料理家/ERICHE代表  自身のダイエット失敗経験より栄養士となり、卒業後は飲食店厨房に勤務。銀座のマクロビオティックレストランにて、トップパティシエ...

プロフィール

関連記事一覧