フィットネスブームで引き締まった体に憧れる女子が急増! 海外の「ベルフィー」ブームもあって、 “ヒップメイク”と“お尻自慢”はちょっとしたトレンドに。 そこで今回Lily-Jay編集部は、各メディアでも活躍中の ヒップアップトレーナー渡部龍哉さんに密着取材してきました。
Lily-Jay編集部

writer :

Lily-Jay編集部

フィットネスブームで引き締まった体に憧れる女子が急増!
海外の「ベルフィー」ブームもあって、“ヒップメイク”と“お尻自慢”はちょっとしたトレンドに。
そこで今回Lily-Jay編集部は、各メディアでも活躍中のヒップアップトレーナー渡部龍哉さんに密着取材してきました。

― まず、ヒップアップ専門パーソナルトレーニングスタジオをつくったきっかけを教えてください

渡部:独立してヒップアップ専門スタジオを立ち上げるまでは、出張ベースでパーソナルトレーナーとしてお客様のご自宅に行って教えていました。あとスポーツ選手にも教えていたので、選手のジムやクラブハウスでも指導をしていました。

LJ編集部:そのころからずっとマンツーマンのパーソナルトレーナーとしてお仕事されていたんですね。

渡部:そうです。なので、パーソナルトレーナー歴で言うと10年以上になります。

LJ編集部:はじめからずっとヒップアップを教えていたんですか?

渡部:いやそういうわけではないですね。ヒップアップというよりかは、お客様の課題解決みたいな形で、体全体を見ていました。その中で、自分も去年までフットサルの選手をやっていて、選手としてもそうですが、選手を指導する上でも股関節の使い方が非常に重要だとわかったんです。例えばゴルフのスウィングもそうなんですが、膝を中心にグルっと回してしまうと膝を痛めてしまうんですが、それを股関節から回すようにすると下半身全体を使うので、膝に局部的な負担もかけないフォームに修正する事が出来るんです。そうすると、パフォーマンスの向上だけじゃなくて、怪我予防にも繋がるんですよね。

LJ編集部:じゃあやっぱりお客様としては、下半身を使うサッカー選手なんかのスポーツ選手が多かったんですか?

渡部:そうですね、あとはミュージカル俳優もいらっしゃいましたし、モデルさんも多かったですね。

ヒップアップトレーニング

基本的に姿勢の悪い人は本当に多いですね。

LJ編集部:そうなんですね!お話を聞いているだけで、なんか緊張しちゃいます(笑) 。

渡部:例えば、女性は内股の人が多いと思うんですけど、そうすると膝が内側に入ってしまって、おしりがうまく使えない状態になってしまうので、おしりが垂れてしまう原因の1つになってしまいます。なので座り方含め意識をしていかないとおしりは垂れちゃうんです。

LJ読者 I:

ヒップアップトレーニング

お尻垂れ度チェック

― どのような方が通われているんですか?

渡部:男性・女性でいうと、女性が圧倒的に多いですね。男性も若干いるんですが、ほとんど女性会員の方からの紹介ですね。年齢でいうと20代~40代が多いですね。30代は子供が出来たり、仕事で忙しい方が多い為、20代、40代に比べると少ないです。74歳のおばあちゃんも来ているんですが、駅からここまでけっこうな坂道や階段があるんですが一度も休まずにここまで歩いて来られています。普通にスクワットもウェイトを付けてやられています。

LJ読者 I:すごい!私たちもここに来るまで歩いてきて、キツイな、既にトレーニングは始まってるなって感じてました(笑)。74歳で一度も休まないのは本当にすごいです。

渡部:ちゃんとした体の使い方ができていると、その登ってくる動きっていうのはももの裏だったり、腰の筋肉を使うんですよ。それってまさに最高のヒップアップトレーニングなんです。その74歳の方もしっかりヒップアップトレーニングができているので、スイスイと歩いて来られるんです。

LJ読者 I:それも考えてこの場所なんですね!

渡部:

ヒップアップトレーニング

― 自分のお尻を自撮りした写真をSNSに投稿する、『ベルフィー』が話題になったのをきっかけに、美尻を目指す女性が急増しているといいますが、実際この1年間で変わりましたか?

渡部:ブラジリアンビキニが流行り初めてからジワジワと問合せは増えていきましたね。今年の6月10日にテレビ番組の「マツコ会議」(日本テレビ放送)の取材があって、それから一気に問合せが増えましたね。お陰様では入会待ちの方が今では100名いらっしゃいます。

マツコ会議

― 日本人にとっての理想のヒップラインとは?

渡部:身長に対するウエストやヒップのサイズは計算式で出すことは出来ます。あくまでも理想のサイズなので、希望する人には、「今あなたの体はこういうバランスだよ」っという事と一緒に教えることもあります。

逆に、日本人の典型的な問題点はくびれがないことや下半身とウエストのバランスが良くないことですね。くびれがないので肩から腰までまっすぐなラインで、下半身だけ “どーん” となっているみたいな。
日本人の女性は基本的に下半身に脂肪をため込みやすいんですね。且つ、文化的にも元々日本人の女性は着物中心の生活スタイルで、欧米に比べると「上半身をねじる」という動作を暮らしの中であまりしてこなかったんですよね。欧米ではリュックサックを持って、胸を張って、腰を振って歩く生活ですよね。なのでウエスト周りがくびれるんです。

LJ読者 I:へぇー、確かに!日本人ってちゃんと腕を振って歩く人っていないですよね。鞄も大体ハンドバッグを腕で持ったり、もしくは肩掛けしてますもんね。

渡部:そう。

ヒップアップトレーニング

キレイになるのを実感し始めると、自分の変わっていく姿にみなさんノリノリですよ!

― スタジオのホームページにある渡部トレーナーの「ヒップアップしたい。美しい姿勢になりたい。若さを保ちたい。でも本当の目的は、それらを達成した後の人生が輝いていることではないでしょうか?」という言葉が印象的です。実際に体が変わることにより、人生が変わったという方のエピソードなどをお聞かせください。

渡部:まずは表情ですね。ここに初めて来た時は悩みを抱えていたり、自分に自信がなかったりするので、オーラとか雰囲気が全然違うんですよね。自信がないから姿勢も悪くなっているんです。

ヒップアップトレーニング

体が変わっていくと、表情がどんどん明るくなります。周りに変わったねって言ってもらえる事が嬉しくなってくるんですよね。「体のラインがきれいになったねって言われたんです!」とか「パンツのサイズが1サイズ落ちました!」とか嬉しそうに報告してくれます。若い子だったら「モテた!」とかですかね(笑) 。

実際に今年の2月から初めてトレーニングを開始して、今年の夏にベストボディージャパンというコンテストの地方大会に初出場して初優勝した人もいます。11月に全国大会があるんですけど、全国優勝を目指して今も通われています。そういう意味では人生が半年で180度変わったと思いますよ。

LJ読者 I:

ヒップアップトレーニング

LJ編集部:自信がついてくると、見られる喜びとか感じるようになるんですかね。

渡部:トレーニングしている人はみんな見られる喜びを実感されていますね。

― 美尻になるために必要なトレーニング期間は?

LJ編集部:短期的に効果も見られますか?

渡部:1回のトレーニングだけでは効果は出ませんね。週に何回通うかにもよりますが、週1回のスタジオでのトレーニングで最低3ヶ月はかかります。取り組み方にもよりますが、早い方だと1か月で効果がある人もいます。また若ければ若い方が変化は出やすいです。若い人の方が日常生活での癖が少ないんですね。長年積み重ねた癖のある体を変えるのはなかなか難しいので、その分時間がかかります。

LJ編集部:やっぱり継続しないと体系をキープするのは難しいですか?

渡部:週1回だけスタジオに来てトレーニングではまず効果は出ないですね。日頃の生活習慣から意識していく必要があります。なので家での定期的なトレーニングは大事ですし、それを継続していくことも大事です。

ヒップアップトレーニング

ヒップアップトレーニング

―トレーニングを開始する前にしっかりとカウンセリングをされるということですが、どのような事を聞かれたり、されたりするんですか?

渡部:カウンセリングの流れとしては、皆さんこういうトレーニングを始めるにあたって何かしらのきっかけがあると思うので、まずはそれを聞きます。

LJ読者 I:モテたいとかですか?(笑)

渡部:全然そういうのでもいいです(笑)。でもその中で、「体のこの部分がもうちょっとこうなったらいいなぁ」みたいなことを教えてもらいます。それから、いくら線が細くなりたいって言っても、全体のバランスがあります。例えばウエストとヒップ比や、太ももとヒップ比があります。「私、太ももが太いよね」と思っていても、体全体のバランスを見ると実はおしりが小さくて太ももが太く見えてしまっている場合もあるんです。希望があった方には体のバランスをメジャーで測ったりもします。ミスユニバースなどのコンテストに参加される方はやっぱり計りますね。おしりが小さくなればいいという事だけではなく、全体のバランスが必要なんですよね。

LJ読者 I:

ヒップアップトレーニング

渡部:そうなんです。なので、おしり・ヒップラインを確認して、それから姿勢を見て、硬い筋肉、弱い筋肉を見ていき、現状をまずは評価します。体を見ていくと、その人の日常生活の癖などもわかります。立っている時の立ち方だったり、重心だったり、バランスだったり。
その上で、今のおしりはこういう形をして、こんな問題点があって、それがどのような形になるといいのかということや、どんな改善をしていくと理想のカラダに近づけるかということをお伝えします。

おしりタイプ

女性は下着とかで補正するということをすると思うんですが、トレーニングを行ったり、日常生活の中で意識して改善していくことで自分の体自体を理想の形に整えていきます。
環境をつくっていくことで、トレーニングの効果も出やすくなります。

LJ編集部:しっかりとしたカウンセリングを行った上でトレーニングを行うことで、実際のトレーニングにどのような影響がでますか?

渡部:「週1回のトレーニングで、家では何も意識しません」という事ではおしりは変わりません。

ヒップアップトレーニング

最初のカウンセリングでもしますし、毎回のトレーニングの時にも気を付けています。本人が意識を高めてやってもらえる環境をつくっていくことで、トレーニングの効果も出やすくなります。

― 具体的にトレーニングはどんなことをするんですか?

渡部:トレーニング時間は1時間です。トレーニングの開始当初はおしりに特化したトレーニングをまずはしていきます。おしりの形が整ってきたら、その後はウエスト、次は…とおしり以外の部分のトレーニングにステップアップしていきます。

LJ編集部:家でのトレーニングプログラムも提供してもらえるんですか?

渡部:ここで教える内容には毎日自宅で行えるトレーニングも提供しています。ストレッチであれば動画を私のYouTubeチャンネルでも見る事が出来ます。個別のメニューに関してはスタジオで教えるときに動画を撮ってもらって、お家でもその動画を見返しながらトレーニングをやってもらっています。みんな体が違うので、回数や組み合わせを変えたり、その人の癖によってトレーニングの内容も変えていきます。

渡部YOUTUBE
LJ読者 I:自分向けのトレーニングメニューっていいですよね!それだけで特別感があって、やる気が出そう。

― それでは実際に体験させてください!

カウンセリング

渡部:体について悩みありますか?

LJ読者 I:オシリがないんです(笑)。痩せたらオシリがなくなってしまって。下から痩せてってしまって、逆三角形なんです。上半身が痩せにくいんです。

ヒップアップトレーニング

渡部:だとすると、くびれの位置だよね。大事なのは、おしりとウエストだね。姿勢分析機で見てみましょう。

姿勢分析機

渡部:歌手デビューするって言っていたよね?メジャーデビューするってこと?

LJ読者 I:そうなんです!新人です!

渡部:姿勢とかによっても声の出方も変わってくるよ。ミュージカル俳優さんとかのトレーニングをしていると、「体が楽器なんだな」って感じるよ。さて、足の歩幅をこぶし一つ分にして、足につけたシールが線上に来るように立ちます。目の前にロゴのシールがあるので、見ていてください。写真を撮っていきますね。

ヒップアップトレーニング

― それでは実際に体験させてください!

—撮影終了— (PC画面で姿勢分析結果を見ながら現状把握)

ヒップアップトレーニング

ヒップアップトレーニング

ヒップアップトレーニング

渡部:ちなみにこの赤い筋肉が頑張っている筋肉。こんな風にビジュアル化する事はすごく大切で、現状が分かっていないと何をしたらいいのかがわかりにくいので、僕が姿勢を見ている姿がこんな風に見えているんだよっていうのを、皆さんにも可視化して見てもらった方がいいので、トレーニング前には必ず分析機を使います。

それでは実際のトレーニングスタート!

ヒップアップトレーニング

ヒップアップトレーニング

ヒップアップトレーニング

ヒップアップトレーニング

渡部:ほんのさわりですが、こんな感じで1時間やっていきます。

LJ読者 I:いやぁ~、キツーい(笑) 。効いてるって感じです。はぁはぁ…

渡部:昨日来ていたお客様は今の5倍の重さをやっていましたよ!(笑)

トレーニングを振り返って

LJ編集部:
今日実際にトレーニングを体験してみてどうでしたか?

LJ読者 I:私、12月に歌手デビューをするので、これからは人から見られる立場になるんです。
この1年ぐらいで10キロぐらい減量して、やっとこれから体を鍛えたいと思っていたんです。
今日のお話しとトレーニングを通じて、これを始めたら体だけじゃなくてマインドも変われそうな気がしています。

LJ読者

まず姿勢測定で自分の身体の歪みや必要な部分を具体的に知れたのが良かったですね。
他のジムとかは辛かったら、2回目以降行くのが嫌になってしまいそうだけど、ここならマンツーマンで教えてもらえるし、具体的に何をどのように変えていくかというのが姿勢測定をすることでわかっているので、よりやる気になれました。しかもトレーニングした後の、未来の話とかもしてもらえるので、自分もどう変わっていくのかワクワクしました。

トレーニングのメニューは体験してみて、見た目は簡単そうですが、見た目以上にどのエクササイズもハードで、「効くーっ!」って感じなのでもっとやりたくなりました!数十分の短い時間のトライアルでしたが、明日は確実に筋肉痛ですね(笑)。
マシントレーニング以外はどれも家でもできるトレーニングなので続けられそうだなとも思いました!

渡部トレーナーありがとうございました!

関連記事