ブラジャーを着けた女性
「手に入れたいのは、美バスト!」という女子のみなさん。迫って来たバレンタインに向けて「一番綺麗な私を彼に見せたい!」と思っている時期かもしれません。 そこで今回は、手軽に取り組めそうなバストアップ法をいくつかご紹介します。
Lily-Jay編集部

writer :

Lily-Jay編集部

1:女性ホルモンの分泌を促すツボ押し

檀中のツボ
女性ホルモンは、女性らしいバストを作るために必須の要素。おまけに、女性ホルモンがちゃんとしていると、美肌や冷え性改善にも役立つと言われています。

乳首と乳首の中心より少し上にあるツボ「檀中」と言い、ここを押すと女性らしいカラダづくりにひと役買ってくれると言われています。

手軽にバストアップを狙うなら、この檀中のツボを、寝る前やテレビを見ている時などゆったりとリラックスした状態の時に押してみましょう。やり方は次の方法を参考にしてみてください。

【檀中のツボ押し】
(1) 親指をツボに当てます。
(2) 息を吐きながら3秒間押し続け、息を吸い込む時に離します。
(3) これを8〜10回くらい繰り返します。

2:女性ホルモンの材料「アミノ酸」を取りましょう

食事をする女性
女性ホルモンの材料であるタンパク質は、アミノ酸からできています。そのため、女性ホルモンを効果的に作るために、日々の食事でアミノ酸を摂りましょう。

アミノ酸を多く含む食べ物は、鶏肉、牛肉、豚肉、卵、サケ、アジ、カツオ、牛乳、チーズ、ベーコン、しじみ、蕎麦、高野豆腐、海苔、貝類、ゆば、大豆製品などです。

バレンタインまでの間、ぜひこれらを積極的に食事に加えてみてください。

3:脇の下のリンパを流す

脇のマッサージをする女性
別名、胸を大きくするマッサージとしても有名な「脇の下リンパマッサージ」は、大胸筋も刺激され、ツンと上を向いた美バスト効果もあるとされています。
バストアップだけでなく、肩こりや首コリにも効果があるので、美しいボディづくりには欠かせないお手入れです。

【脇の下リンパマッサージ】
(1) 片腕をあげ、くぼみに指を当て、優しく揉みほぐします。
(2) 4本の指を背中に回し肩甲骨から胸の中央へひき寄せます。
(3) 左右同様に行います。
(4) 次に、片手を反対側のバストの下に当てます。
(5) 手の平で脇の下へと乳房のラインに沿って優しく撫で流します。片方ずつ両側行います。

まず乳房の老廃物を流して、脇の下へと流していくと代謝もアップします。

4:姿勢の改善

スマホを見る女性
現代はスマホを見たり、パソコンの作業をしたりと、猫背になる機会が増えています。

猫背
猫背とは肩が内側に入り、首が前に出た状態の姿勢。

自分で猫背の姿勢と正しい姿勢を鏡で比べてみると、一目瞭然で、正しい姿勢の方がバストトップの位置が高くなります。

正しい姿勢は代謝や血液循環もよくなるし、見た目も美しくなります。

【正しい姿勢の作り方】

(1) 壁を背にして、かかとをつけて立ちます。
(2) 頭、肩、お尻、ふくらはぎ、かかとを壁につけて立ちます。

5分間程そのままで過ごし、正しい姿勢を体で覚えましょう。

壁がないときは、耳、肩の関節、指先、くるぶしが一直線になるように意識して。いつも意識していると、それだけでバストアップへの近道に!

5:肩甲骨周り、肩周りのストレッチ

マットを持つ女性
続いては、肩甲骨周り、肩周りのストレッチで、猫背によって縮んだ大胸筋を伸ばし、バストアップしやすい土台にしていきましょう。
いろんな動きを組みわせると、バストアップの可能性もUP!

【肩甲骨周り、肩周りのストレッチ】
(1) 両手を後ろで組んでそのままゆっくり上にあげ、そのまま60秒間呼吸を止めずにキープします。
(2) 両手を肩の上に置き、肘を前後にゆっくり回します。
(3) 肩の高さに両手を開いて伸ばします。
(4) 胸を張って息を吸いながら、左右の肩甲骨をくっつけるように、肘を後ろに引いていきます。
(5) 息を吐きながら手のひらを、半円を描くように前に持っていき、正面で手の甲同士をくっつけます。
(6) これをゆっくり10回ほどくり返します。

6:更にバストアップ!大胸筋のトレーニング

マットを持つ女性
バストを支える土台である大胸筋は、鍛えればいわゆる胸板が厚くなり、バストトップの位置をキープできます。

ここでは、ヨガのポーズを応用して大胸筋をトレーニングする方法をご紹介します。

【合掌のポーズ】
(1) 姿勢を正して肘を肩の位置まで上げ、手のひらを胸の前で合わせます。
(2) 息を吐きながら15〜20秒程両手を押し合います。
(3) 3セットくらい行いましょう。

見直してみない?ブラのつけ方

ブラジャーをつけている女性
ところで、ブラのつけ方によってもバストの状態は変わります。正しくブラが付けられれば、これが美バストへの一番の近道かもしれません。

【正しいブラのつけ方】
(1) まずストラップを肩にかけ、ブラの下の方を持ち前かがみになり、胸や周囲のお肉をカップの中に収めます。
その姿勢のままで、後ろのホックを留めましょう。
(2) 体を起こし、ストラップの調整を行います。肩ひもに人指し指が一本入るくらいが目安です。
(3) 前かがみのままの姿勢で左胸のバスト全体を右手で包み下の方から斜め上に引き上げます。右胸も同じように行います。
(4) 横から見てブラのアンダーが前後水平になっているか鏡で確認します。後ろのホックの部分を少し引き下げてバストを上向きに調整します。

ハートマークを持っている女性
「バレンタインまでにバストアップしたい!」という切実な女心を叶えるためには、日々のちょっとしたトレーニングが有効に。

ちょっとした動きを侮るなかれ、きちんと実行すれば、結果もちゃんとついてきます!

バレンタインまでに、目指せ+1カップ!

ライター:麻生アサ(Lily-Jay編集部)

関連記事