新規会員登録はこちらから

まさかの落とし穴!? 紫外線対策で気を付けるべき食事術とは…

果物ビタミンc
マクロビオティック

こんにちは!美容料理家/ERICHE代表 松野エリカです。
昼夜の寒暖差も少しずつ和らぎ、テラス席で食事をするのが楽しい季節がやってきましたね。

暖かくなると外に出たくなるものですが……紫外線対策はしっかりできていますか?
これからの季節、とても気になる紫外線。美肌維持のためには外からのケアも大切ですが、中からのケアも外せません!

紫外線が強くなりはじめるのはまさに今! この時期から夏場にかけてです。
夏だけ日焼けケアをすればいいという考えはもう終わりにしましょう。今日はそんな紫外線対策のお話し、まさかの食事の落とし穴についてご紹介します。
 

そもそも紫外線って?基礎知識を知ろう

紫外線から身を守る
紫外線=美白の大敵!というイメージが強いため、いざ説明してくださいと言われるとしっかり理解できていない方も多いのではないでしょうか。
まず、太陽の光は可視光線(目に見える光)と、赤外線・紫外線(目に見えない光)に分けることができます。
紫外線はこれらの中で最も波長の短い光だと言われており、UVA・UVB・UVCにさらに分けることができます。

この中で実際に地表に届くのは、UVAとUVB。それぞれのお肌へのダメージは下記です。

UVA UVB
太陽光線の約90%を占める紫外線。
時間をかけ肌の真皮までゆっくりと浸透し、コラーゲンを破壊。長い時間浴び続けるとシワやたるみの原因となり、また活性酸素を発生させるためアンチエイジングの大敵です。
UVBは、太陽光線の約10%を占める紫外。
UVAより有害性は高く、肌への影響も大変強いです。海水浴で日焼けしお肌が真っ赤になるのはUVBの炎症の影響。
皮膚の表面に影響を与え、日焼けやシミ、そばかす、乾燥肌など、多くの肌トラブルを引き起こすため注意が必要です

 

紫外線が与えるお肌への影響

紫外線の影響

紫外線が与えるお肌への影響を見ていきましょう。

1.シミ・そばかす
紫外線による肌トラブルで最も気になるのがシミやそばかす。年齢がアップするにつれ増えていく厄介なものです。
紫外線からお肌を守る働きが活発になると、メラニン色素が作られ、それがやがてシミやそばかすに変化していきます。
日焼け止めや美白化粧品を使うのは、このメラニン色素を極力作らないようにするためだということがわかります。

2.吹き出物・肌荒れ
夏場でも乾燥肌が気になる方は、紫外線対策が甘いのかも…しれません。
紫外線を浴びて老化したお肌は、固くゴワついた手触りになります。また、酸化が進むことで皮脂分泌が過剰になり
吹き出物の原因にも。

紫外線が引き起すお肌のトラブルは、時間をかけてじんわりとやってきます。
「1日くらいまぁいっか~…」という積み重ねが命取りとなるのです。
 

まさかの落とし穴⁉ 紫外線対策で気を付けたい食事術

フルーツ盛り合わせ

紫外線を防ぐ食事法と言われると、どんなことが浮かびますか??
恐らくほとんどの人が知っている知識の一つが「ビタミンCを摂取する」でしょう。

しかしこのビタミンC、含まれている食材や食べる時間によっては紫外線を吸収してしまうことをご存知でしょうか?
まさかの落とし穴がここにあります。

具体的に挙げると、果物であるレモン・オレンジ・グレープフルーツ・アセロラ・いちじく。
香味野菜であるセロリ・パセリ・紫蘇など気温が高い時期においしいこれらの食材たち。

実はこれらの食材には「光毒性」を引き起こす「ソラレン」という物質が含まれています。
そのため、太陽を浴びる前の朝に食べると紫外線をシミに変えるリスクがあがってしまうのです。

朝ごはんにオレンジやグレープフルーツを食べる習慣がある方もきっと多いですよね。
私も過去は紫外線対策のために!と思い、柑橘類を朝食に食べておりました。

ええ? でも柑橘類にはビタミンCが入っているし、それは紫外線対策に欠かせない栄養素なんですよね?」と、頭の中に疑問符が浮かんでしまっている人も多いかと思います。

では、どのように食べるのが正解かというと、朝ではなく紫外線を浴びた後の夜に食べることです。

ビタミンCは紫外線を浴びたお肌を修復する力がありますから、日中よりも夜食べる方が効果もより一層アップするでしょう。
また、熱に弱いため加熱せず生で食べることが推奨されています。果物によるビタミンC摂取は、大変理にかなっていると言えるでしょう。

美肌は日々の習慣で作られます。外からのケアも中からのケアも、日々の小さなコツコツとした努力の積み重ねが生み出します。
これらの食材を食べるときにはぜひ、時間帯を気を付けてみてくださいね。

松野 エリカ

489 views

美容料理家/ERICHE代表  自身のダイエット失敗経験より栄養士となり、卒業後は飲食店厨房に勤務。銀座のマクロビオティックレストランにて、トップパティシエ...

プロフィール

関連記事一覧