新規会員登録はこちらから

やってはいけないダイエット~運動編~

筋トレ女性 
アンドウミカの魅力アップ道場

前回、>やってはいけないダイエット中の食事についてご紹介しました。
ダイエットは食事が8割といいますが、運動は理想的なボディラインを作るために必要不可欠なものです。
そのためには、たくさん体を動かして筋肉をつけ、脂肪燃焼を促す必要があります。
でも、やればやるほど痩せづらく体型が崩れる運動があるのをご存知でしたか?

女性らしい、しなやかでメリハリのあるラインを作りたいのならば、トレーニングのやり方や内容を選ばないといけません。
ただ痩せるだけではNG! 美しく痩せるためには、自分の目指す体がどのようなものかをしっかり意識し、それに合った運動をすることが大切です。
 

こんな運動では美しくなれません!

ベンチプレス女
 

高負荷のマシントレーニング

筋トレは代謝UPのためにもとても大事。でも、ジムなどで行うマシントレーニングには注意が必要です。

誰が使ってもある程度正しいフォームで使えるように作られていますが、マシンはやればやるほど身体が慣れて、どんどん負荷を上げたくなります。
そして、筋肥大してマッチョになっていきます。

でも、ほとんどの女性は大きい筋肉をつけてマッチョ女子になりたいわけではないですよね?
しなやかなボディラインを作るためには負荷は上げすぎないことが重要です。
マシントレーニングをする際には、軽めの重量で回数をこなすようにしましょう。
 

間違った姿勢でのスクワット

「とにかくスクワットだけしていれば痩せる!」「スクワットをすればお尻が上がる!」と主張するトレーナーはとても多いです。

でも実はこのスクワット、正しいフォームで行うのがとても難しいんです。本来のスクワットは、もも裏とお尻に効かせる動きをするものですが、太ももの前にばかり効いてしまい、足が太くなってしまう女性もすごく多いのです。また、膝に負担がかかって膝を痛めたりすることも。

骨盤の状態によってお尻に効かせづらい方も多いので、私のフィットネススタジオでは、トレーナーのサポートのない状態スクワットは禁止にしているほど。
トレーニングを行うときは、必ず「今どこに効いてるのか」と意識を向けながら行いましょう。
 

胸の揺れを放置しながらの有酸素運動

ジョギングや縄跳びは、最高の有酸素運動です! 脂肪燃焼立が高い!! でも、胸も揺れてしまうので注意が必要です。
胸は揺れると垂れるか、小さくなってしまいます。綺麗になるための運動なのに、胸が垂れたり縮んだりしては切ないですよね。

あまり気にせずランニングをしてしまう女性も何気に多くてびっくりしますが、運動をする際には「全く揺れない!」と言ってもいいくらいしっかりとサポートしてくれるスポーツブラを付けるようにしましょう。
 

無計画に筋トレしすぎる

最初から頑張りすぎて筋トレしすぎると、大変なことが起こります。痩せる前に筋肉がつきすぎて、強そうな見た目になり、プロレスラー体型になる…! 
恐ろしいです。こうなると、むしろ痩せづらいです。運動の目的が何だったのか、わからなくなってしまいます。

まずは、インナーマッスルを鍛えることを目標にしましょう。食事管理もしながら、当面はインナーマッスルと軽い有酸素運動で脂肪を落とします。
体重が落ち始めたら、少しずつ表面の筋肉をつけて、メリハリ感を作っていきましょう。

ただ我武者羅に頑張らず、美しい体作りには計画性を。
 

ごつい肩を作る二の腕トレーニング

「腕を横に伸ばし、伸ばしたままグルグルと円を描くように回す。」……こういった動きで二の腕が細くなるという都市伝説が一部に流れ続けています。

この運動、確かに二の腕にも効果はありますが、同時に肩が鍛えられ、たくましい肩も手に入ってしまいます。
でも、ノースリーブから出る肩は、華奢でありたいですよね? 
鍛えて細くしたいのは、タルタルの部分だけなはず。乙女はマッチョになってはいけません。このような肩を鍛えてしまう運動ではなく、二の腕だけを鍛えられる運動を選びましょう。
 

間違ったフォームの体幹トレーニング

体を床に向け、肘とつま先で体を一直線にキープする体幹トレーニング。
こちらもスクワット同様、「これだけやれば痩せる」という流行り方をしましたが、こちらもフォームが間違えていると、腰痛の原因になったり、太ももの前に効いてしまい足が太くなったりと逆効果。

間違ったフォームで行うことで体型が崩れる原因にもなるので、しっかりとトレーナーに見てもらい、鏡でフォームを確認しながら行うことが大事です。

いろんなジムでパーソナルトレーニングを経験してきているお客様も、私の指導する体幹トレーニングが一番キツイと言います。
それは、フォーム確認を厳しく行うから。
安全に、そして適格に効果を上げるには、必須なのです。

しかし逆に言えば、私が厳しいと言われるくらい、他のジムではフォームの確認が甘いのも事実なのです。トレーニングは闇雲に行わず、正しいやり方を知ることがとても大切なんです!

体幹を鍛える女性

いかがでしたか? このように、間違ったトレーニングを選んでしまうと結果が出ないどころか、マイナスになることがあります。
着実に結果を出すためには「急がば回れ」です!
慌てず焦らず、計画的に行ってみて下さいね♪

アンドウ ミカ

1,505 views

セクシーコンサルタント・ボディーメイクトレーナー・作家・恋愛や人生のお悩みカウンセラー。グラフィックデザイナー、ダンサーを経て、2009年よりトレーナーに転...

プロフィール

関連記事一覧