下着の女性
近頃「セックスでキレイになる」といった特集が組まれた雑誌やネットの記事をよく見ますね。でも、「そのためには、実践するセックスの質も大事になってくるし、準備も必要なんですよ」と語るのは、これまでたくさんの性のお悩みをカウンセリングしてきたラブライフ研究家の紫陽花(ゆかりはるか)先生。一体どんな準備が必要なんでしょうか? 詳しく聞いてみました!
紫 陽花

writer :

紫 陽花

こんにちは、ラブライフ研究家の紫陽花(ゆかりはるか)です。
ラブライフカウンセラーとして、数多くのカップル間の性のお悩みやパートナーシップの問題の相談を受けてきた、性の専門家です。

さて、今回Lily-Jayさんからいただいたお題は、「美容にいいセックス」について。

セックスでキレイになる!」近頃雑誌やネットで、取り上げられていますね。
でも、その言葉を鵜呑みにしてただセックスを繰り返すことで、本当にキレイになれましたか?

料理も美味しく作るには下準備が8割です!「セックスでキレイになる」といっていつものセックスを繰り返す前に、まずは準備をはじめましょう♡
 

彼のテクニックは元カノの快感ポイントが基準! それって“あなた”とセックスしてるのかな?

ベットの上の男女

日本人の女性は「セックスは男性がリードしてくれるものだ」という意識が染み付いているように思います。

世界で一番行われているセックスの体位は女性主導の「騎乗位」なのに、日本で一番オーソドックスなセックスの体位は女性が受け身の「正常位」なのです。

よく行うセックスの体位ひとつ取っても、日本の女性はセックスの主導を男性に任せていることが伺えますね。
 

例えば、あなたのパートナーは、あなたのことをどのくらいご存知ですか?

  • あなたの生理周期を知ってる?
  • 経血がどの位の量があり、何日継続するか知ってる?
  • 生理痛がどれ程痛いか知ってる?
  • あなたが好きなセックスのシチュエーションを知ってる?
  • あなたが行ってきたセックスを全て知ってる?
  • あなたの膣内のGスポットの位置を把握している?

きっと上記の項目にすべてチェックが付くくらいあなたの身体のこと知っている人は、稀だと思います。

裏を返せば、その程度しかあなたの身体を理解していないにも関わらず、セックスというデリケートな行為を全て委ねて大丈夫なのでしょうか?

そして、もうひとつ大事なことがあります。

彼のセックスのテクニックは、元カノの快感ポイントが基準なのです!

「前の彼女はココを触られるのが好きだった」「前の彼女はココを刺激するとオーガズムを感じていた」など、今の彼のパートナーはあなたなのに、元カノが好きだったテクニックでセックスしているのです。

あなたの快感ポイントを押さえたセックス、したくないですか?

 

まずは自分の身体の特徴と快感ポイントを知る!セックスで大事なのは“あなた”の情報

メガネの女性

もし今、「自分のデリケートゾーンの形を描いて」と言われたら、あなたはすぐに答えられますか? 自身の小陰唇やクリトリスの位置や形を正確に把握している女性って意外と少ないのです。

例えば

セックス挿入時に痛い
→右のビラビラの方が大きくて挿入時に巻き込んでいるからだ!

クンニが下手
→クリトリスが小さく分かりにくいからだ!

挿入時によくペニスが抜ける
→膣口が後ろの方だからだ!

など、セックス中に痛みや不具合などの悩みが発生しても、自身の身体の特徴を把握していれば、対処が出来るのです。
微調整ができると、セックス時のストレスもなくなりますよ。

そして、自身の快感ポイントを知っていますか?
耳を舐められるとゾクゾクする、乳首を噛まれると興奮する、目隠しされるとドキドキするなど、自身の快感ポイントを知っておくことも大事です!
事前に快感ポイントを彼に共有しておくことで、セックス中テンションが下がりにくくなるメリットも。

例えばコンドームを装着するのに手間取って中だるみ、急な尿意でトイレタイムなど、セックス中のムードが壊れることはよくあるもの。
でも、快感ポイントへの刺激で一気に興奮度が上がりセックス再開ができます。
どんなシチュエーションでも、あなた好みの快感を得られるようになるのです。

 

セックスもスポーツ。日頃のウォーミングアップで最高のセックスパフォーマンスを引き出す

スポーツ選手などのアスリートは本番の試合に向けて、事前にウォーミングアップすることをご存知でしょうか?

運動の前に準備運動をすることで、ケガの予防と運動に対する能力を最大に発揮できる状態を作るのです。
これはセックスも同じ。

セックスも様々な筋肉を使って、身体と身体を重ね合う一種のスポーツを言えます。

その他のスポーツと同様に、セックスという名の試合に向けて、ウォーミングアップをすることで最大パフォーマンスを発揮できるのです。

そのウォーミングアップとは、セルフプレジャー。

いわゆる、オナニーです。

日頃からクリトリスの刺激でオーガズムを感じたり、膣内のGスポットの刺激で興奮度を高め、感度を上げることは、セックス時に大きな効果を与えてくれます。

オナニーを行うことで、あなたは自分の快感ポイントを把握できます。

知れば知る程、彼にその場所を教えることができるので彼のテクニックはあなた仕様に向上します!

 

準備を行うことで、最高のセックスに繋がる

女性が後ろからキス
セックスをただ受け身で行っていても、綺麗にはなれません。
なぜならオーガズムを感じることが、美容への良い効果に繋がるから。

そのオーガズムを感じる方法は、単なる受け身のセックスをするのではなく自分好みの良いセックスをすることが肝なのです。
セックスの前に準備をすることで、より気持ちよいセックスができ、綺麗に繋がるなんて一石二鳥ですね。今一度、自身のセックスの準備を振り返ってみてください。

紫 陽花

-yukari haruka- ラブライフ研究家。 東京都在住。慶應義塾大学卒業。 自身の子宮の病気などをきっかけに「性に悩む女の子を救いたい!」と、慶應大学にてセクシュアルについて研究。在学中、同研究にて学内優秀卒業論文賞を受賞。現在は大手企業で働く傍ら、「身体のこと、性的な関心、愛ある触合い」などのラブライフの向上支援を行う。

関連記事