甘酒アイス
本格的な夏の時期になると心配なのが、アイスクリームなどの冷たいものの摂りすぎ。白砂糖や乳製品は体を冷やす作用が強いので、できるだけ控えた方がいいんだそう。そこで今回は、白砂糖と乳製品を使わないビューティーアイスクリームのレシピを、美容料理研究家の松野エリカさんがご紹介します!
松野 エリカ

writer :

松野 エリカ

こんにちは! 美容料理家/ERICHE代表 松野エリカです。

本格的な夏がやって来ましたが、夏バテは大丈夫でしょうか??
私は、忙しく動いてうっかり水分を取り忘れてしまった結果……軽い熱中症のような症状に見舞われてしまいました。どうぞこまめな水分補給をお忘れなく!!

そして暑くなってくるともう一つ気をつけたいこと。
“冷たいものの摂りすぎ!“ですね。
中でも、アイスクリームがやめられない女性も多いのではないでしょうか?
私もアイスクリームが大好きな一人ですが、大量の乳製品や白砂糖は体を冷やす作用が強いため、できるだけ控えめにしたいところ。

でも…やっぱり食べたい!!

ということで、本日は白砂糖・乳製品を使わなくても超簡単!!に作れるビューティーアイスクリームのレシピをご紹介します。
簡単すぎてびっくりしないでくださいね(笑)。
 

たった二つの材料できちゃう!ココナッツ甘酒アイスクリーム

甘酒アイス

材料

  • 甘酒(濃縮タイプ)…400g
  • ココナッツミルク…1缶(400ml)
  • 塩…ふたつまみ

 

作り方

  1. 少し大きめの鍋にココナッツミルクを入れ、分離しているようであれば火にかけ脂肪分の塊を溶かす。
  2. 溶けたら甘酒・塩を加え、ブレンダーもしくはミキサーで滑らかになるまで混ぜ合わせる。タッパーに流し入れ、
  3. 一晩、冷凍庫で冷やし固める。固まったら器に盛り付け召し上がれ!

調理ポイント

甘酒はドリンクタイプではなく、薄めて使う濃縮タイプがオススメ!
私のイチオシは、この2つです。

 

夏が旬!甘酒のビューティー豆知識

ココナッツミルク
夏が旬だと言われる甘酒。甘酒にはアルコールが含まれている酒粕から作られるものと
米麹から作られるもの2種類が存在します。
よくお正月に飲むのは酒粕から作ったもの。
今回ご紹介している甘酒はノンアルコールタイプの米麹から作られたものですので、お間違いなく!

そんな甘酒の旬は夏。
飲む点滴と呼ばれるほど美容効果が高いのです。

何と言っても注目すべき点は、体内で作ることができない必須アミノ酸9種類(トリプトファン、リシン、メチオニン、フェニルアラニン、トレオニン、バリン、ロイシン、イソロイシン、ヒスチジン)が含まれているところ。
これはお肌潤いツヤを作る上で欠かせない栄養素であるため、美容を維持するためには必須の栄養と言えるでしょう。

また、発酵食品であるため腸内環境を整えてくれることに加え、甘酒は100種類以上の酵素を持ち、糖や脂肪、タンパク質を分解する力があると言われています。

旬である今の時期、ぜひお料理やドリンクとして取り入れてみてくださいね。

松野 エリカ

美容料理家/ERICHE代表    自身のダイエット失敗経験より栄養士となり、卒業後は飲食店厨房に勤務。 銀座のマクロビオティックレストランにて、トップパティシエとしてスイーツ部門のレシピ・メニュー開発、調理など全て一人で担う。   その後、それらの経験を活かし、縁ありドバイにて<ヘルシースイーツ>をコンセプトに掲げた「ERICHE Dubai」をプロデュース。現地モールへ出店し、王室へのスイーツ献上も果たす。   現在は、東京表参道にてリピート率85%を超える料理教室を開催する他、食品メーカーレシピ開発、コラム執筆、動画レシピ出演など<食べてキレイ>をコンセプトに活動中。

関連記事

カテゴリー