アイス
暑い夏だからといって冷たいものばかり食べすぎていませんか? 夏でも冷え対策を怠ると、風邪を引いてしまったりと免疫力の低下が起こりがち。美容料理家の松野エリカさんが、夏に気を付けたい「夏冷え」を招く食事を解説します。
松野 エリカ

writer :

松野 エリカ

こんにちは!美容料理家/ERICHE代表松野エリカです。

猛暑に見舞われている連日ですが、体調はいかがですか?
外はとっても暑いのに中はクーラーで寒い、というこの温度差で、私は先日うっかり風邪を引いてしまい病院へ…。
どうぞお気をつけくださいませ!

暑いとつい油断して露出が多くなったり、薄着で出かけてしまったり、耐えきれず冷たいものばかり食べてしまいがちですが、夏こそ油断してはならないのが「冷え」です。
暑い時期にどう気にかけるかによって、冬の冷え性の具合が変わってきます。
冷えている女性に美しい人はいませんので! 夏冷えが気になっている方はぜひ読み進めてくださいね。
 

夏冷えってそもそもなんでしょう?

お腹
「冷え」というとついつい冬ばかり気にしてしまいますが、<夏冷え>対策はしていますか?

冒頭にも述べたように、特に今年は外と中の温度差が激しいため、うっかりしていると風邪を引いてしまいます。
たまに窓が結露しているショッピングセンターなどもあり、「どれだけ温度差がすごいんだ!」と、びっくりしてしまいますね。

夏冷えの特徴は表面の冷えよりも体の内側、つまりは内臓冷え。
胃腸、膀胱、子宮など、あなたの気がつかないところで体の内側は冷え切っている可能性があります。
お腹や腰回りを触ってみてください。もし冷たさを感じるようなら、あなたは内臓が冷えている可能性があります。
 

うっかりやっていない? 夏冷えを招きやすい食習慣

ジュース飲む女性
 

①飲み物の温度

夏冷えを招く原因の一つで最も多いのが、<冷たいものの食べ過ぎ・飲みすぎ>ですね。

暑いからといって氷をたっぷり入れた飲み物を飲みまくっていませんか?
中でもアイスカフェラテや白いお砂糖が入った清涼飲料水は、水と比べると体を冷やしやすいドリンク。
なぜならカフェラテに含まれる牛乳や白砂糖は陰性食材とされており、それらは体の熱を下げる作用があります。

夏だからと油断して冷たいものを取り過ぎず、常温もしくはそれ以上の温度のものを飲むように心がけましょう。
ちなみに私は年中ホットでドリンクを飲むようにしてから、冷えが昔と比べ随分軽減されました。
 

②夏が旬の野菜は生より加熱をして!

トマト、ナス、キュウリ、レタスなど夏が旬である食材は、水分が多くこれらも陰性食材に分類されます。
旬の食材は旬でないときに食べるよりも栄養価が高いため、ぜひ召し上がっていただきたいのですが、夏野菜は基本的に体の熱を下げます。
そのため、冷えが気になる人は火を通して調理をしましょう。

また、お肉やしょうがなど体温をアップさせてくれる食材と一緒に調理するのもオススメです。
 

③アイスクリームは食べる時間を気にして!

コンビニに寄るとついつい買ってしまいますね、アイスクリーム。

食べても良いですが時間は気にしましょう。
食べることを避けたい時間帯は朝と夜寝る前!

溶けたアイスクリームを食べて、その甘さにびっくりした経験はありませんか?
人は温度が低いものに関して味覚が反応しにくいため、冷たい食べ物には私たちの想像を超えるお砂糖が入っています。

乳製品+白砂糖は冷えを招く食材だと先ほどもお伝えしましたね。
そのため食べる時間はお昼ご飯の後、もしくは3時のおやつあたりがオススメ。
人の体温はその時間帯が最も高いためです。

逆に朝と夜は体温が下がっているので、その時間に熱を下げる食材やメニューを控えるようにしましょう。
 

④冷たいお料理には汁物をプラスしましょう

暑いとキッチンに立つのが億劫になるため、うどんやお蕎麦、そうめんが手軽で美味しく食卓に上がる機会も増えますよね。
温かく食べる分には問題はないのですが、冷やして食べる場合は汁物をプラスして体を温めるように意識してみてください。

お味噌汁でもお吸い物でも構いません。
時間がなければ温かいお茶でもOK!
冷たいものを食べた後、体の温度は下げたままでいないようにするのがポイントです。

 

筋力アップで冷え解消! 根本的なケアも心がけましょう

ダンベル女性
夏冷えは女性に圧倒的に多いとされており、その理由は男性と比べ女性は筋肉量が少ないから。
1年中冷えに悩まされている方は、筋肉が少なく熱を作ることができにくい体になっている可能性がありますので、筋力をできる限り衰えさせないように生活の中で工夫することが大切です。
どんなに食事や生活習慣を気をつけても、筋肉が少ないと根本的な改善はなかなか難しいため、運動することもぜひ視野に入れてみてくださいね♪

 
冷えは女性の大敵!おブスを招くもとです。
いつどんな時でも心も体も温かい女性でいられるよう心がけていきましょう!

The following two tabs change content below.
松野 エリカ

美容料理家/ERICHE代表    自身のダイエット失敗経験より栄養士となり、卒業後は飲食店厨房に勤務。 銀座のマクロビオティックレストランにて、トップパティシエとしてスイーツ部門のレシピ・メニュー開発、調理など全て一人で担う。   その後、それらの経験を活かし、縁ありドバイにて<ヘルシースイーツ>をコンセプトに掲げた「ERICHE Dubai」をプロデュース。現地モールへ出店し、王室へのスイーツ献上も果たす。   現在は、東京表参道にてリピート率85%を超える料理教室を開催する他、食品メーカーレシピ開発、コラム執筆、動画レシピ出演など<食べてキレイ>をコンセプトに活動中。

関連記事