夏はやっぱり恋の季節♡ 素敵な出会いは出会い系アプリではなく大自然のアクティビティの中に転がっているかも…? モテ作家でフィットネストレーナーのアンドウミカさんが、カップル成立率の高い夏の遊び&モテしぐさをご紹介!
アンドウ ミカ

writer :

アンドウ ミカ

夏らしい遊び、してますか?

仕事帰りに飲みには行くけど、週末は暑いから外に出る気になれない、日焼けしたくないと言う声を耳にすることが多いんですが、ものすごーくもったいない時間の使い方をしてますよ! シングルの人は特に!!
何気ない夏の遊びで、カップル成立どころか、結婚に至ることもあるとかないとか……(←あります!)。

彼との出会いのきっかけが「出会い系アプリ」よりも、「海の上だったの!」「大自然の中で♡」の方が、素敵ではないですか?
夏のアクティビティで、人に言いたくなるような甘酸っぱい素敵な思い出にもなる青春メモリーを作りましょう♡
 

生き急いでいるかのような夏遊びで気付いたこと

ビーチの女性たち

この夏、私は生き急いでるのかと思われるほど、毎週のように夏のアクティビティを詰め込んで遊んでいるわけですが、ふと気付いたことがあるんです。
これらはなんと、健全な出会いの宝庫であることか! 

遊びに行った先で、同じ趣味の見知らぬ男女が集まり、合コンや出会い系アプリのような如何わしさもなく、自然と仲良くなる。ただの気楽なお友達ですら、意外な良い一面が見えたりして、うっかり印象が変わったり。

自然の中の遊びでは、仕事場や飲んだり食べたりだけでは見えない、その人の魅力が放出される。
そして、そこにはそんな遊びに夢中になれる健康的で無邪気な大人が集まる。
とても、ピュアな気持ちの状態で知り合える素晴らしい瞬間がそこには待っていたんです!
 

なぜカップルが誕生しやすいのか

人は、何か特別な感情や経験を共有すると、一気に距離を近くに感じ、仲間意識が芽生える。それが異性の場合、遊びのドキドキと恋愛のドキドキの錯覚が生まれ、恋に落ちやすくなるんです。

そんな吊り橋効果は有名ですが、実際のところどうなんでしょう?
そこでSUP(海で、ボードの上に立ちオールで漕いで進む平和な遊び)やシャワークライミング(山で、ウェットスーツを着て沢を登り滝を登り降るアドベンチャーな遊び)のガイドを務めるkintounの峯岸さんに、お話を伺いました。

峰岸健一
峯岸健一さん
アウトドアアドベンチャースポーツガイド ガイド歴21年
神奈川県茅ヶ崎市を拠点に、国内外を問わず活動中。冬のバックカントリースキーガイドをメインに、夏場はシャワークライミングやスタンドアップパドルなどの水遊びのツアーを企画・運営している。

 
峯岸さん、やっぱり夏のアクティビティから恋愛に発展するカップルは多いんですか?

峰岸健一
僕がやっているツアーでは、毎年のようにカップルが成立していますよ。中には結婚に至ったカップルもいます。

やっぱり多いんですね!
その理由はなんだと思いますか?

峰岸健一
完全にリラックスできるマイナスイオンたっぷりの美しい景色の中、協力し合いながら進むアクティビティでは、人を童心に戻します。だからまっすぐな気持ちで人と接することができるようになるんじゃないかな。

混じりっけのない素直な気持ちで一緒に色んな体験をすることで、いい出会いに発展するのかもしれませんね!
 

オススメの夏遊び

シャワークライミング
↑シャワークライミング中のアンドウさん。

それでは、どんな遊びをしたらいいのでしょうか? 私のおすすめはこの3種!

  • SUPサーフィンなど、の遊び
  • シャワークライミングキャニオニングラフティングなど、の遊び
  • ハイキング登山など、の遊び

なぜなら、「開放感・スリル・助け合う」が3つ揃ってるから!
 

そんな場でのモテしぐさ

せっかく行くなら、こういった場での出会いをフルに生かしたい。
アクティブな遊びをしに行っているので、「怖い! できない! 無理!」は禁物。まず、何でも挑戦。だけど、たまに「キャー!」可愛く悲鳴をあげてみましょう。きっと誰か助けてくれるから!(笑)

ちなみに私は、キャーキャー言うどころか、足手まといにならないよう必死で取り組むか幼稚園児ばりに遊んで止まらなくなるので、モテしぐさ炸裂ならず(笑)。でも全力で楽しんでいると、それだけで周りの人とぐっと距離は縮まるものです。

シャワークライミング
↑アクティビティは全力で楽しむ!
 

その日のうちに次に繋げる

こんな楽しいアクティビティをしたら、必ず誰かしら写真を撮っているもの。
「後で写真送ってもらってもいい?」と、LINEなりインスタなりの交換を済ませ、この夏の遊びの予定を聞き出すべし。
「なにそれー!楽しそう!!私たちも一緒に行ってもいい?」など、どんどん「“楽しい”の共有」をしたいと言う姿勢を表明しましょう。
ここでやってはいけないのは、「連絡待ち」。
連絡が来なかったから、誘われなかったから……で、恋の発展を止めてはダメです。
興味があるならば、自ら「じゃー予定合わせよ♪」と、サクサク仕切って次に繋げるべし。夏は、長いようで短いよ!!

スマホを見る男女

いかがでしたか?
水着になりたくない女子でも、河や山の遊びは水着になることもないし、河なんてウェットスーツで木陰にいるから日焼けの心配ゼロ。
ものすごくストレス発散にもなるので、せっかくの休みを部屋でダラダラと過ごすよりもリフレッシュできて仕事の疲れも吹っ飛びます!
めでたくカップルになった暁には、二人で思い出の場所に行けば、仲も深まるってもんです!!

<協力:kintoun http://showerclimbing.com

アンドウ ミカ

セクシーコンサルタント・ボディーメイクトレーナー・作家・恋愛や人生のお悩みカウンセラー。グラフィックデザイナー、ダンサーを経て、2009年よりトレーナーに転身。「女性は”セクシー”を磨くだけで、全てが磨かれる。」をモットーに、セクシーコンサルタントとして数多くの女性の「美」を磨く。また、虚弱で自信がなかった自身を、ダンサーやモデル業をこなす、メンタルと身体に変えた経験をワークアウトや本に。沢山の女性に「自分自身をもっと好きになってもらいたい!」そんな思いでコラムを書いています。日テレ「魔女たちの22時」で魔女として紹介され、その後もメディアに多数出演。

関連記事