落ち葉と茶器
もうすぐ秋。実は1年で最も体調を崩しやすい季節が、秋なんだそうです。そんな季節を快適に過ごすには、食べるものを工夫するのが一番。美容料理研究家の松野エリカさんが、変化する体調を上手にコントロールできる秋の食事術について解説します。
松野 エリカ

writer :

松野 エリカ

こんにちは。美容料理家/ERICHE代表松野エリカです。
今年の夏は異常に暑かったですね〜。そんな8月がようやく終わりました。
まだまだ残暑が厳しい日々が続きますが、暦の上ではすでに「秋」です。

実はこれからの季節、1年で最も体調を壊しやすい季節だとマクロビオティックの世界では言われています。
そこで本日は、秋を快適に過ごすための食事術をご紹介します。
 

陰陽が真逆に入れ替わる!体調の変化に気をつけて。

落ち葉の中に座る女性

マクロオティックの世界では自然界が春夏は「陽性」、秋冬は「陰性」になると言われています(秋冬は食べ物で陽性のものを取り入れ、バランスを取っていきます)。

寒い冬から暖かい春になっていく過程で気持ちが明るくなったり、物事に対するやる気がみなぎったりした経験はありませんか?
また、夏が終わった瞬間、涼しくなってくるとともになんとなく寂しさを感じた事がある方もいらっしゃるでしょう。

これぞ陰陽が入れ替わっている証拠。あなたも実は生活の中で体感しているのです。

陽性とは収縮・引き締める力を持ち、陰性はその逆で拡散、緩める力を持ちます。
その力は相反するものであるため、これらが入れ替わる際のエネルギーの強さにより、人は体調を崩してしまうと言われています。

私も過去はこの時期に必ずと言っていいほど風邪を引いていたのですが、その理由がわかり対策できるようになりました。
 

秋にオススメしたい食べ物・お料理のポイントは??

玄米
まず、秋にオススメした食べ物については下記です。

  • 穀物…玄米、おもち
  • 野菜…根菜類(人参、レンコン、大根)
  • 豆…大豆
  • 海藻…ひじき
  • 魚介類…イワシなどの海魚
  • 果物…りんご、柿、梨

代表的なものとしてはこれらが挙げられます。
玄米はこの世の中で最もバランスが取れた中庸(ちゅうよう)の食材だと言われています。
私たちは食べ物の持つエネルギーをそのまま取り入れるため、バランスが崩れやすい時期にはバランスが取れている食べ物を積極的に食べるように意識する必要があります。

また、あまり知られていませんが、海藻などにも実は旬があります。気温が下がり始めるこれからの季節はひじきや大豆を食べるように意識します。定番の煮物にしても良いですし、大豆であれば洋風の料理との相性も良いので、シチューやラタトゥイユに加えてみても良いですね。ひじきは乾燥タイプのものであれば、一度に少し多めに戻して冷蔵庫で保存ができます。手軽に食べる方法としておすすめなのは、お米に混ぜて食べること。おかずの味も邪魔しません。

そして食べ方についてですが、調理法や味付けにも旬は存在しています。

味付けに関しては、気温が降下するとともに少しずつ塩気を濃くしていきます。塩は陽性の食べ物であるため、気温が下がるこれからの季節は取り入れることで体の陰陽バランスを整えます。

調理方法は夏とは逆になり、時間をかけて調理していきます。
焼く・煮る・圧力鍋を使う・炒めるなど、火を積極的に使った調理法を増やしていきましょう。
火=陽性の力を取り入れていきます。そうする事で体を温める効果が期待できます。

 

控えた方がいい食べ物は?

鼻をかむ女性を見る男性

秋は<肺と大腸>を養う季節とされています。空気が乾燥し始めると肺が乾燥しやすくなり、その結果風邪を引きやすくなったり、呼吸や水分代謝のコントロールがしにくくなったりします。

控えたい食べ物としてピックアップするとすれば、小麦製品はほどほどにしましょう。
パンやクッキーなどの焼き菓子はとても美味しく魅力的ですが、焼き固めたものは調理の工程で水分が少なくなっているため、取り入れるとさらに体が乾燥しやすくなります。また、小麦粉は腸にへばりつきやすい特徴もあるため、消化吸収を妨げ乾燥肌の原因になりやすいとされています。毎日パン食の方は、週に数回に減らしてみませんか?

 
いかがでしたでしょうか。
人は自然に寄り添い生活する事で、より自分らしく楽に美しく生活できます。
心の声に耳を傾けていきましょう。

松野 エリカ

美容料理家/ERICHE代表    自身のダイエット失敗経験より栄養士となり、卒業後は飲食店厨房に勤務。 銀座のマクロビオティックレストランにて、トップパティシエとしてスイーツ部門のレシピ・メニュー開発、調理など全て一人で担う。   その後、それらの経験を活かし、縁ありドバイにて<ヘルシースイーツ>をコンセプトに掲げた「ERICHE Dubai」をプロデュース。現地モールへ出店し、王室へのスイーツ献上も果たす。   現在は、東京表参道にてリピート率85%を超える料理教室を開催する他、食品メーカーレシピ開発、コラム執筆、動画レシピ出演など<食べてキレイ>をコンセプトに活動中。

関連記事