ベッドに寝る男女
さて質問です。あなたとパートナーのセックスは何点? カップルにとって、とっても大事なセックスはコミュニケーションが鍵。でも、ただストレートに話をするだけではダメで、そこにはちょっとしたテクニックが必要なんです。今回はそんなカップル間でデリケートな話題を扱う際のコミュニケーション法を、ラブジュアリー研究家の紫陽花先生に解説してもらいます!
紫 陽花

writer :

紫 陽花

こんにちは、Love+Luxuryを追求するラブジュアリー研究家の紫陽花(ゆかりはるか)です。
数多くのカップル間の性のお悩みやパートナーシップの問題の相談を受けてきた、性の専門家です。
今回も、男女の大事なコミュニケーションであるセックスをより良いものにするためのコツについて、解説していきましょう。
 

質問です。あなたの今のセックスは何点?

紙にwhat's your scoreの文字を書く
セックスのお悩みを相談に来られる方は基本的にパートナーがいらっしゃる方が多いのですが、最近は婚活中の女性も増えてきました。「セックスは夫婦生活において大事なこと!」と認識され始めており、結婚前にセックスの悩みを解消しようと考えている人が多く、大変嬉しい限りです!

カウンセリングの際、必ず最初に伺う質問があります。
それは、「あなたの今のセックスは何点ですか?」というもの。

それに対する回答は、「40点です」「60点くらいかな」など、不満げに返答する人が大半。
理由は「彼のセックスが淡白」「レス気味で、私はセックスしたいのに、彼が誘ってくれない」「セックスはするのだけど、気持ちよくない」などが主に挙げられるのです。
「100点満点です」という方はまずご相談に来られないのは百も承知ですが、私の想像以上に点数が低いことに改めて驚きました。

一方で、パートナーシップが上手く行っており、端から見てもラブラブな方は一体何点をつけるのか、気になりますよね。
パートナーと仲が良いと噂されている女性たちに「あなたの今のセックス何点ですか?」と聞いてみたところ、

☑「まだまだ伸びしろがあるから、今後100点になるかも!」
☑「120点!!」

と、みなさん満面な笑みで応えるのです。

さらに驚いたことに、ほとんどの方が元々今のパートナーと初めてセックスしたときから100点満点ではなく、付き合っていくうちに100点満点に近づいていったのだそうです。
今現在セックスで悩んでいる女性にとって、とても未来のある嬉しいお話ですよね!

 

セックスの話し合いは、あなたの快感をUPさせ、ストレスも0に♡

ベッドに寝る男女

「セックスの相性が良い人と出会いたい!」と、躍起になって複数の方とセックスを繰り返す方もいらっしゃいますが、大好きなパートナーとセックスの相性が徐々に良くなるのなら、これ以上嬉しいことはありませんよね?

「今のセックスの点数は40点です」の方と「120点満点です!」の方の違いは何だろう?と考え、「100点に近づいた秘訣はなにがあったのですか?」と引きつづき伺ってみると、

☑「私の快感ポイントを彼は知っているから」
☑「イッても、イカなくても幸せな気分になるようになったから」
☑「セックスの後のピロートークでフィードバックをしている」
☑「私がしてみたいセックスを彼にさりげなくアダルトビデオのタイトルを教えて伝えた」
☑「疑問や不満があったら全部話すので、ストレスがないから」

など、パートナーはその方の快感ポイントを知っており、そのポイントは女性の方から積極的に伝えていることがわかりました!

確かにセックスを学力テストに例えてみても、毎回赤点しかとれないテストだと、テスト自体がイヤになってしまいますよね。「もっと点数を伸ばしたい!」と考えるなら、復習や今後のテストの対策をしないとテストで高得点は取れません。

セックスは1人でする行為ではなく、相手がいてこその行為です。お互いがより楽しいセックスを行う為には、学力テストと同じ様に復習と対策をしなくてはなりません。そのために有効なのはセックスについて話し合うことなのです。パートナーと向き合った分だけ、次回のセックスはもっと気持ちよく、快感も幸せも増幅するでしょう。またあなたのもやもやした心の中に燻っている本音を伝えることで、「彼は〇〇をしてくれなかった!」「快感ポイントはそこじゃないのに!」とストレスもたまらず、満面の笑みに繋がるのです。

 

大事なステップは3つ!パートナーとの揺るぎないコミュニケーションの地盤を作る♡

布団のなかの男女

「よし!パートナーにして欲しいセックスを伝えるぞ!」と勢い良く意気込んだ方、ちょっと待って!
セックスについての話は、ご存知の通りとてもデリケートな話題です。今までセックスについて話し合ったことがないカップルの場合、相手が緊張してしまい、想像していた良い効果が最大限発揮されない可能性があります。そうなってしまっては、勿体ないですよね!
デリケートな話題でも真剣に話し合える3つのステップをお伝えしますので、是非参考にしてみてください♪
コミュニケーションの地盤を整えることで、セックス以外でも話題に挙げにくい、お金将来などの話題もパートナーとしっかりと話し合えることができますよ。
 

⑴日常のコミュニケーション~まずは10秒間見つめる~

目は口ほどにものを言う」ということわざご存知でしょうか?

『意味:人間が喜怒哀楽の感情を最も顕著に表すのがだということから、何もしゃべらなくとも目つきから相手の感情がわかるものだということ。また、言葉で偽りごまかしていても、目を見ればその真偽がわかるということ。

出典:広辞苑

付き合った当初、パートナーの目を2〜3秒見つめるだけで、恥ずかしい!と目をそらしたことありませんか?その際、なぜ恥ずかしいと感じたのでしょうか。

☑「相手を好き!」な気持ちを見透かされるから
☑自分の考えていることが伝わってしまうから

目を見つめることで自身の考えが相手に伝わることを恐れてしまっている=受け入れてもらえないと無意識に感じている。

あなたのパートナーなのに、受け入れてもらえないと感じてしまうのは不思議ですよね。
あなたとパートナーはお互い好意を抱いてお付き合いを始めました。パートナーはあなたの弱い部分も素敵な部分もひっくるめて受け入れてくださいます。安心してください。心を見透かされても大丈夫なのです。恥ずかしがる必要はありません。

では続けて、先程の「目は口ほどにものを言う」の英語版をご存知でしょうか?
The eyes are the window to the soul.』。
訳は、『目は心の窓』といいます。

目を見つめることであなたの心の言葉はパートナーに正しく伝わっていくのです。デリケートな真剣の話をする時だけ、目を見つめるのではなく、日頃の「おはよう」「いってらっしゃい」「ありがとう」などの挨拶もしっかり相手の目を見つめましょう。パートナーと心の窓を開く習慣をつけることで、コミュニケーションの基盤を作るのです。

 

⑵自分の体の特徴と快感ポイントを知る

以前の記事「最高なセックスのコツは、準備が8割!良いラブライフはあなたをもっと美しくします♡」でもお伝えした、自分の体の特徴と快感ポイントを知る!ことがとにかく大事!

「このアダルトビデオでは女優さんが◎◎されて気持ちよそうだったから、私も気持ちがいいはず!」「友達が◎◎でイケるって言ってたから、私もイケるはず」と、「〜かもしれない」「〜なはず」という可能性だけで、自分自身の体の特徴に目を向けず、他人の快感ポイントばかり追い求めるのは危険です!

例えばセックス時にペニスがよく抜ける場合、「私は膣口が人より後ろ側にあるみたい。同じような友達が◎◎したら抜けにくくなったみたいなの」と的確に自身の体の特徴と対応策が伝えるのが最善です。あなた自身も「友達はイケたのに私はイケないのはなんで?!」と無駄に比較して落ち込むことがなくなります。

顔の造形がひとりひとり異なるように、デリケートゾーンの形も十人十色です。造形に合わせた美しくなるメイクのコツがあるように、それぞれのデリケートゾーンにも合わせたセックスがあります。何よりもまず、自身の体の特徴と快感ポイントを把握しましょう。

 

⑶パートナーに伝える

快感しか知らない綺麗なあの子になるには伝え方が大事。今回はセックスの最中ではなく、セックス前の日常での伝え方をご紹介しましょう。

セックス中にいきなり伝えると「いままでそんなこと言わなかったのにどうしたの!?」とびっくりされてしまいます。そのための1歩としてまずは日常生活の中で、あなたがして欲しいことを伝えてみましょう。

その際に大事なのは、パートナーのセックスをまずは褒めることです!
何故40点の彼とのセックスを褒めなくてはいけないのか? それは、男性のペニスはプライドで勃っているから。
間違っても「あなたのセックスは当りどころが悪くて気持ちよくない。だから◎◎してほしい」なんてネガティブなことは言ってはいけません。ペニスが勃たなくなる可能性があります!

[セックスレスの負のスパイラル]
不満の言い合いで男性のプライドをへし折る
     ⬇
セックス時に勃たなくなる
     ⬇
女性側が欲求不満
     ⬇
不満の言い合いで男性のプライドをへし折る

この負のスパイラルに入ってしまったら、なかなかセックスレスを改善するのは難しいです。

一番大事なのは、「今のセックスも気持ち良いよ! ◎◎もプラスしてくれたらもっと気持ちよくなる」という『Yes,and…』のコミュニケーション! そして⑴で挙げたように、目を見つめて話すことが前提です。
あなたの気持ちよくなる姿は、パートナーにとってはなによりのモチベーション。コミュケーションの基盤が作れた上でのあなたからのお願いはしっかり受け入れてくれますよ。

正しい知識を知ることで、もっとセックスを楽しみ、口角が3ミリ上がる毎日にしたいですね♡

紫 陽花

-yukari haruka- ラブライフ研究家。 東京都在住。慶應義塾大学卒業。 自身の子宮の病気などをきっかけに「性に悩む女の子を救いたい!」と、慶應大学にてセクシュアルについて研究。在学中、同研究にて学内優秀卒業論文賞を受賞。現在は大手企業で働く傍ら、「身体のこと、性的な関心、愛ある触合い」などのラブライフの向上支援を行う。

関連記事