「美しくなりたい」というモチベーションは、リアルな人間関係からのみ得られるとは限りません。漫画やドラマなどのフィクションは、様々な体験を疑似体験させてくれるもの。自分を変えるための美意識をそこから得られることも可能なのです。そこで今回は、サブカルに詳しいライターのミクニシオリさんに「美意識が上がる漫画」について調べてもらいました。
ミクニ シオリ

writer :

ミクニ シオリ

20代女子は、悩みが多い。

いつまでこの仕事をしようかな。彼氏が欲しいけど、オトナになったら恋愛が上手くいかなくなった。ふと鏡を見てみたら、なんだかほうれい線が濃くなったかも。

20代はあっという間で、「ああ、あれしなきゃ」「こうしなきゃ」がとても多いです。学生の頃よりスキンケアに気をつけて、合コンにもたくさんいって、そんな中でも食事には気をつけているつもりなのに、内臓脂肪はなぜか増えて…。
どうにかしなきゃ。そう気持ちでは焦るのに、日々のストレスと戦うので精一杯で、何か行動に移すことができない。

分かる。分かりますよ。でもね、そうこう言ってるとね、一瞬で20代は終わります。なんなら30代も一瞬で終わるって、お母さんが言ってた。

何かに背中を押して欲しいあなたに、今回はスキマ時間でできちゃういい方法を教えます。それは…サブカル女子ミクニがセレクトした、「読むだけで美意識が上がっちゃう漫画を読むこと」です!
なかなか行動に移せないあなたの心をくすぐる、オトナ女子に読んで欲しい漫画をセレクトしたぜ。
 

昔より衰えた体や顔を変えたい! 努力するための美意識クレクレ…!

まずは20代女子は全員考えてしまう、「昔より衰えていく、顔や体の悩み」。運動したいけど時間はない、でもスキンケアとかコスメとか、20歳から同じものを使ってるなあ…。

そんなあなたのために、登場人物が美を追求していくことで、あなた自身に美容の知識がついちゃう漫画を教えます。主人公が美しくなっていく姿を見ると、不思議と自分の美意識も上がりますよ。
 

女子力迷子な主人公が美容部員になって生まれ変わる『リメイク』

六多いくみ 『リメイク』

リメイク』六多いくみ(マッグガーデン)

彼氏もおらず、仕事もマンネリしている。『女子力』迷子な主人公は、派遣社員の25歳。彼氏ナシ歴3年目、次々に結婚していく周りの友人や、お洒落を楽しむ同僚を見て焦りを覚える。「変わりたい!」という思いが日々募る中、地味なOLだった主人公は、自分を変えるべくデパコスの美容部員になることを決意するのです。
美容部員として主人公が知っていく知識は、私たちオトナ女子にとってもためになる情報ばかり。スキンケアの方法、ベースメイクの選び方など…。

仕事と新しい恋愛を通して変わっていく主人公に背中を押されること間違いなしです。スキンケアやコスメの情報に自信がないという人も、作中のコラムなどでキャッチーに情報を取り入れることができるのでおすすめ。
『リメイク』は完結していますが、最近連載が始まったばかりの『カワイイ私の作り方』も、冴えないアラサーがキラキラ女子に触発されてキレイになっていく物語。美意識を養うにはピッタリです。併せてチェックしてみてくださいね。
 

オタク女子も頑張ってる!地味子たちがトレンドを研究する『人は見た目が100%』

大久保ヒロミ 『人は見た目が100%』

人は見た目が100%』大久保ヒロミ(講談社)

マジメで優秀なリケジョ研究員の主人公たちは、「一応服は着ているから」「ちゃんとお風呂には入っているから」と自分に言い訳をし、「女子力」や「美」に背をむけた人生を歩んでいた。でもこのままではいけないと、仕事後に「美」の特別研究をし始めます。

リケジョの研究員たちは今まで「コスメ」や「おしゃれ」に一切興味のなかったオタク女子たち。そんな彼女たちが、おしゃれ初心者にはなかなかできない帽子や柄物ボトムの取り入れ方を考えたり、イマドキメイクの正しいやり方などを研究していきます。

オタクの彼女たちはしっかりと「失敗例」も経験しつつ最後は正解にたどり着くので、「気づかないうちに失敗例になってた…」を回避する方法も学べます。
美容やファッションについて、相当初心者です!という人におすすめ。そうでなくても単純にギャグコメディが面白いけれど。(笑)
 

努力せずに「今すぐ」キレイになれる方法が分かる!『即席ビジンのつくりかた』

東村アキコ『即席ビジンのつくりかた』

即席ビジンのつくりかた』東村アキコ(講談社)

アラサーを共感させる神の東村アキコ先生のリアルエッセイ。『東京タラレバ娘』『海月姫』などでお馴染みですね。

女性誌「VOCE」で連載していた美容のリアル体験コミックです。即美人になれるサロンやクリニックの施術が体当たりレポートで紹介されています。
この連載のコンセプト自体が「即席」で美人になる、ということなので、すぐに結果の出る美容方法が紹介されているのが大きな特徴。エステやクリニックなどはリアルな店舗名まで知れるので、気になったら即実行できそうなのも大きなメリット!
エステや美容施術に興味がある方には非常におすすめです。
 

結局何も努力できない。弱いメンタル面を変えたい…!

次は、仕事も恋愛もうだうだ悩んじゃうし、老けていく自分に自信が持てない…というあなたにオススメの、「自分を変えるためのメンタル強化」が図れる漫画を教えます。
ポジティブで素直な主人公からは努力するためのモチベーションをもらえるし、自分と似た弱い主人公からは、「私も同じだ」という共感と、「このままじゃいけないんだ」と一歩踏み出す勇気をもらえるでしょう。
 

努力でダブルワークを成功させる!強くて弱いリアルな女性を描いた『&』

おかざき真里 『&』

』おかざき真里(祥伝社)

今の仕事には先がないかも。そんな風に悩む人も多いですよね。主人公も仕事面に悩む20代女性。悩んだ末、主人公は医療事務とネイルサロン経営のダブルワークを始めます。
ダブルワークの生活は大変ですが、人との出会いや、憧れていた仕事の楽しさからなんとか続けていける。そんなポジティブな一面もありながら、好きな人とはセフレ関係だったり、「経営者としての目線を持つこと」の大変さなどで心が折れそうになる時もある…
そんな心の葛藤がリアルです。

ダブルワークという大変な人生の一歩踏み出した勇気と、大変なダブルワークをこなした末に、恋愛面でも成長していく主人公の姿は、「私も何か変わらなきゃいけないかも」と思わせてくれます。
おかざき先生の漫画は絵もとてもキレイなので、「痩せなきゃなあ…」という思いも強くなります(笑)。
 

こじれアラサーはできなくなっちゃう素直なモテテクを学び治せる『好きって言わせる方法』

永田正実『好きって言わせる方法』

好きって言わせる方法』永田正実 (集英社)

小悪魔なモテテクを使いこなす美少女高校生が主人公。そもそもオトナになるとこっ恥ずかしくてできなくなってしまう「基本のモテテク」を思い出すことができます。
そんな主人公も好きな人の前では上手くモテテクを使いこなせない辺りにも共感。それでも失敗と反省を繰り返し、「負けね〜〜!絶対落とす!」と熱意を燃やす主人公の肉食でアッパーな感じには、「昔はこのくらいできたのに…」なんて自省の念も生まれてくること間違いなし。

青春マンガではありますが、たまにはこういうピュアな漫画も読んだほうが、「あれ?私、いつの間にかこじれてた?」なんて気がつくきっかけにもなります。オトナになってからネガティブになったな、という方に読んでみてほしいです。
 

過食症のデブ女性から学ぶ「心がデブ」というメンタリズム『脂肪と言う名の服を着て』

安野モヨコ 『脂肪と言う名の服を着て』

脂肪と言う名の服を着て』安野モヨコ(祥伝社)

主人公はデブな女性。でも彼氏もいて、デブだということで感じる劣等感をなんとか拭っています。そんな中で彼氏の浮気が発覚し、エステでのダイエットを決意。痩せてキレイになったら、幸せになれる。そんな思い込みで過酷なダイエットに成功します。結果的に主人公は痩せても幸せにはなれなかった。それは「心がデブだから(醜いから)だ」という名言が心にズンときます。

太っていることをコンプレックスに思っている女性に読んで欲しい漫画。この漫画から学べるのはダイエットのやり方ではありませんが、「太っていることをコンプレックスに感じる」ということが、心にとってどれだけ不健康なことか身にしみると思います。
主人公は少し病んだ過酷なダイエットで痩せましたが、ネガティブで不健康な心の状態でのダイエットは、結局幸せになれない可能性もあります。

「なぜ自分は痩せたいのか」「痩せてどうなりたいのか」思い直すきっかけをくれる漫画です。そして、「太っているということで起こり得るデメリット」もまざまざと目にすることになるので、「努力でポジティブに痩せるダイエット」が一番だ、と思うきっかけになると思います。
ダイエットができないから、エステや脂肪吸引を考えてる…という女性は施術に踏み切る前に一度読んでみて。
 

読むだけで満足しないで!しっかり自省して持った感想を活かそう

ノートパソコンに向かう女性

漫画を読んだら、あなたがキレイになるわけではありません。
オトナの女性は忙しく、仕事して合コンして家事をしていると、自分についてしっかり考える時間がなかったり、「時間がないから仕方ない」と諦めたり逃げたりしてしまうんです。
しかし漫画なら空いた時間の暇つぶしに気負わず読むことができます。あなたはこの漫画を読んで、「面白かったな」と満足してしまうのではなく、「この漫画を読んでどう思ったのか」しっかり考えてみてください。

本や漫画はあなたに自省のきっかけをくれます。または新しい知識がつくことで、これまで興味のなかったことを「やってみよう」という気持ちにさせてくれたりします。
そうやって、取り入れた知識や感情を自分に活かすことが大事!まずは手軽な気持ちで読んでみてもいいですが、読んだだけで終わらない人は、いつまでもキレイな女性でいられるはずですよ。

ミクニ シオリ

フリーライター、コラムニスト。学生時代からフェミニズム、ジェンダーなどに興味を持ち、エロと恋愛を科学する恋愛ライターになった。小悪魔ageha、日刊SPA!などで恋愛、モテ、セックスなどを中心に執筆中。 こじれ女性のために「どうしたらいいかが分かる」をモットーにHOW TO記事を書いています。仕事でマッチングアプリを30個ほど使いこなしたネット恋愛マスター。自分が一番こじれてます。 2017年はヤリチンにインタビューしすぎて「ヤリチン地雷男」と「クソな男とヤラないためのHOW TO」に詳しくなりました。 体当たりな取材が得意です。みなさんの気になること、全部調べてレポします。

関連記事