かぼちゃのマフィン
10月に入って、秋到来。食欲の秋に松野エリカさんがお届けするのは、旬のかぼちゃを使ったヘルシーなスイーツ。松野さんのレシピは見た目もキレイで美味しいのが特徴ですが、簡単に作れて、しかもシュガーフリー&乳製品フリーととってもヘルシーなんです。
松野 エリカ

writer :

松野 エリカ

こんにちは! 美容料理家/ERICHE代表 松野エリカです。

あんなに暑いと思っていたのに気づけばあっという間に10月ですね~。秋到来です。
秋と言えば、読書の秋、芸術の秋…食欲の秋!ですね♪
夏バテから一転して、私はいつも秋になると食欲が旺盛になります。

本日はそんな秋が旬であるかぼちゃを使ったヘルシーなスイーツレシピをご紹介します。
私がお菓子作りの中で最も多く作っているマフィン。
従来使用する白いお砂糖やバターをカットして作ります。
女性が大好きなかぼちゃをふんだんに乗せているので、朝ごはん代わりにもピッタリ。

混ぜて焼くだけの超簡単レシピ、ぜひお試しください!

混ぜて焼くだけ! 超簡単かぼちゃのマフィンの作り方

<材料>(マフィン型5~6個分)

(A)
・薄力粉…100g
・アーモンドプードル…20g
・シナモンパウダー…小さじ1半
・ベーキングパウダー…小さじ1

(B)
・卵…1個
・サラダ油…50g
・黒砂糖…80g
・豆乳…50g
・塩…ひとつまみ

(トッピング)
・かぼちゃ…80g(2cm角くらいにカットする)
・パンプキンシード…適量

<作り方>
材料A

① ボウルを2つ用意して、(A)(B)それぞれの材料を全て計量する。
(A)の粉類を泡立て器でよく混ぜ合わせ、全体の色が均一になったら(B)の材料も同様によく混ぜ合わせる。

型に流し込む

②(A)のボウルに(B)を加え、ゴムベラでさっくりと粉っぽさがなくなるまで混ぜ合わせる。型に流し込み、
かぼちゃとパンプキンシードをトッピングする。

かぼちゃのマフィン

③ 170℃のオーブンで20~25分焼いたら出来上がり♡

~調理ポイント~

  • 軽量は分量通り行いましょう♪
  • (B)の材料が油の分離がなくなるまでしっかりと全体を混ぜ合わせてください。
     ここで混ぜが足りないと、生地が固くなったりボソボソしてしまったりする原因になります。
  • オーブンの焼き時間は目安です。ガスオーブンを使用している方は、温度を調整してください。

秋美人を叶える かぼちゃ×シナモンの組み合わせ♡

ハロウィンの顔になったかぼちゃ

これからの季節に大量に出回り、お安く手に入れられるかぼちゃ。
江戸時代より<冬至にはかぼちゃ>と言われてきたほど、寒い季節には欠かせない野菜のひとつです。

かぼちゃが冬に重宝される理由は、免疫力を高めてくれるベータカロテンやビタミンEを豊富に含んでいるため。
これらは風邪予防には欠かせない栄養素なのです。
また、皮にもそれらの栄養や食物繊維がより多く含まれていると言われています。
ぜひ、皮ごと食べるようにしてくださいね!

一方、薬膳の世界で生薬として用いられるシナモンは、これからの季節女性が悩む<冷え>対策に最適なスパイスのひとつ。
シナモンに含まれるシナムアルデヒドと呼ばれる成分には、血管を拡張させ血液を末端まで送る働きがあるといわれています。また、アラキドン酸という脂肪酸が血小板から放出されるのを抑制することで、血液の凝固を防ぎサラサラな状態を保ってくれるとされています。

抗酸化作用が強く、血液までも美しくしてくれるシナモン。
ぜひ、かぼちゃと組み合わせお菓子作りをしてみてください♪

松野 エリカ

美容料理家/ERICHE代表    自身のダイエット失敗経験より栄養士となり、卒業後は飲食店厨房に勤務。 銀座のマクロビオティックレストランにて、トップパティシエとしてスイーツ部門のレシピ・メニュー開発、調理など全て一人で担う。   その後、それらの経験を活かし、縁ありドバイにて<ヘルシースイーツ>をコンセプトに掲げた「ERICHE Dubai」をプロデュース。現地モールへ出店し、王室へのスイーツ献上も果たす。   現在は、東京表参道にてリピート率85%を超える料理教室を開催する他、食品メーカーレシピ開発、コラム執筆、動画レシピ出演など<食べてキレイ>をコンセプトに活動中。

関連記事