11/2より毎日更新してきた松野エリカさんのビューティースイーツ商品企画。いよいよ、新スイーツが完成しました! 一体どんなスイーツが出来上がったのでしょうか?
Lily-Jay編集部

writer :

Lily-Jay編集部

11/2から毎日更新で、美容料理研究家、松野エリカさんと開発チームの面々の今回の商品開発にかける想いを紹介してきました。

そんなメンバーたちの想いが詰まったスイーツは、明日から開催される青山ファーマーズマーケット 11/17(土)~18(日)にて販売されます。
販売時間は10時~16時限定150個で、なくなり次第終了とのこと。
松野さんや開発メンバーも店頭に立って販売するので、ぜひ足を運んでみてくださいね。


(※青山ファーマーズマーケット公式HPより。クリックするとGoogleMapsに飛びます)

さて、そんな半年にわたって作り続けてきたスイーツですが、完成に至るまでには様々な試練がありました。

リサーチと試作、試作、試作の日々


世の中に出回っている「健康にいい」というふれこみのスイーツを買い込み、味、価格などを比較。自分たちが目指すところを明確にしたら、そこからひたすら試作の日々が始まります。

開発メンバーで、元パティシエの松坂さんは、レシピ作りの難しさをこのように語ります。

ベースとなりそうなレシピがまったく見つからないため、私は計30回試作したと思います。作っては当日、翌日に試食し、1グラム単位で配合を変えて作り直す…。夜中の3~4時までオーブンを回す日々が続きました

ビューティースイーツは、余計なものが入らない素朴な素材の組み合わせ。でも、バターや全量砂糖を使えないということは、コクや食べたときの満足感を出しにくいということです。
素朴で体に良い材料で、どこまで美味しくできるか? それが今回の大きなミッションでした。

例えば、ラカントを使用すれば低糖質になりますが、それだけだとお菓子はかなりあっさりしたものとなります。
一方、砂糖等を使用すれば保水性により、しっとり感も出しやすくなります。バターを入れれば芳醇な薫りが出せます。お菓子を食べたときの満足感って、こういう糖質脂質からくるものにあると思うんです

これらをどうやって限られた素材の中から実現するか。
家族に協力してもらったり、メンバーで何度も試食をし、考え続けていきました。

美味しい試作品ができあがっても、安心はできません。


できたては美味しいのに、時間が経つと美味しくないもの。
コスト的に難しいもの。
大量生産には向かないもの。
作るたびに様々な問題点が浮かび上がりました。

趣味で作るときと違って原価を気にする必要があり、使える材料の範囲も限られていました。必要最低限の材料で美味しく感じられるバランスを求めて、ナッツのパウダーや砂糖の種類を何種類か用意し、組み合わせを変えながら何度も何度も試作を重ねました

自信作で臨んだ8月の試食会…結果は


試行錯誤を経て、ブラウニータイプのスイーツを作り上げた8月。
外部の人たちを呼んで、スタジオで試食会が開催されました。

そこで、ひとつの課題が浮き彫りになります。

開発メンバーには、マクロビオティックや糖質制限の実践者が多くいました。
自然な甘みに慣れている人にとってはほどよい味でも、それに慣れていない人にとっては「物足りない味」となってします。
どこまで自然な甘みにするのか。そのバランスの難しさにメンバーたちは頭を悩ませることになります。

また、試食会参加者の中から「糖質が気になる」という声が多数上がっていました。

課題をいくつも突き付けられた結果となった試食会で、貴重な意見をもらったメンバーたち。
新スイーツはここから大きく方向転換します。

新スイーツへの取り組み

試食会のアンケートの中に、糖質が気になるという意見があったことを踏まえ、糖質をギリギリまで抑えた商品を作ることに。

糖質を控えることで血糖値のコントロールができれば、アンチエイジングに繋がります(詳しくは→まだ20代なのにシワが…!それって、毎日食べてるアレが原因かも⁉を参照)。

従来使っていたきび砂糖を、糖質の低いものに変更。ただ糖質の低い甘味料に変えるだけではなく、他の天然甘味料も併せて使用し満足感のある風味にこだわりました。

チョコレートを使用せずに、リッチな風味を実現!


材料のチョコレートには、どうしても白砂糖が入っています。
白砂糖を使っていないチョコレートも売ってはいるのですが、材料として使うと原価が跳ね上がってしまい、お客様が手に取りやすい価格で販売できない、というジレンマに悩まされました。
白砂糖不使用と謳いながら、材料のチョコレートには白砂糖が入っているのでは胸を張って商品を売ることができない!!ということで、「どうすればチョコレートを使用せず満足感のある味わいになるか」をメンバー全員で熟考。
結果、「アボカドを使ってチョコレートを作ってしまえばいいんだ!」という発想からアボカドを使用することになりました。

アボカドの青臭さを消しつつ、美味しさを引き出すため、試作、試作の日々

「選ぶ楽しさを」ということで、複数のフレーバーをつけることは早い段階から決まっていたそう。
ベースとなる生地はチョコ生地とプレーン生地の2種にすることに決まりました。しかし、プレーン生地が思いのほか大変だったのだといいます。
シンプルな分、アボカドの青臭い風味が目立ってしまうのです。

このバランスが本当~~~に大変で、何度も何度も試作を重ねることになりました。
試作・調整を繰り返し、糖質控えめでアボカドの独特な風味を抑えつつ、トッピングやフレーバーの邪魔をしない、しっとり満足感のある味わい&食感のケーキが完成しました
試作中は、もはや自分との戦いでしたが…その先にはお客様の笑顔と、絶対がっかりさせたくない…という思いで作っていました

そして完成!! メンバーの想いが詰まった5種のフレーバーのケーキ♡

グルテンフリー&低糖質に特化した焼き菓子。
アボカドを使用して作る新感覚ギルトフリースイーツ(小麦粉・白砂糖・乳製品・添加物不使用!)。
ダイエット中や妊娠中など日常的に食べても罪悪感なきケーキです♡

フレーバーはこの5種!

ごぼう(腸美人)
食物繊維、ファイバー、デトックス、腸、腸うれしい
カカオニブポリフェノール、抗酸化作用、至福、幸せ、幸福(アナンダミド)

いちじく(永遠美人)
不老不死、エターナルビューティー、聖なる果実、腸、アンチエイジング、女性ホルモン

ナッツ(巡り美人)
アンチエイジング、抗酸化作用、食物繊維、オメガ3、血液、巡り美人

ベリー(目元美人)
食物繊維、アントシアニン、アンチエイジング、免疫力アップ、カリウム、むくみ解消

アールグレイ(リラックス美人)
リラックス、リモネン(香り、血流)

気になる栄養成分表はこちら

プレーン生地

エネルギー 158
タンパク質 5.0
脂質 13.1
炭水化物 5.8
食物繊維 1.1
(糖質 4.7)

(1個あたり生地のみ)

チョコ生地

エネルギー 126
タンパク質 4.0
脂質 9.7
炭水化物 8.3
食物繊維 1.6
(糖質 6.7)

(1個あたり生地のみ)

なんと、1個あたり糖質4.7~6.7! スーパー糖質制限中の方でも安心して食べられるスイーツです。

冒頭でも記載しましたが、明日から開催される青山ファーマーズマーケット 11/17(土)~18(日)にて販売されます。東京近郊の方はぜひ、遊びに行ってみてくださいね。

関連記事