シチューには栄養がたっぷり含まれていますが、市販のルーは小麦粉や砂糖、脱脂粉乳などが含まれている上、牛乳を使うものも多いため、小麦粉アレルギーの人や糖質制限中の人、そして乳糖不耐性の人には不向き。そこで美容料理研究家の松野エリカさんが紹介するのが、市販のルーを使わない豆乳を使ったレシピ。簡単でとっても美味しくできるので、ぜひ試してみてくださいね。
松野 エリカ

writer :

松野 エリカ

みなさんこんにちは!
美容料理家/ERICHE代表 松野エリカです。

ぐっと気温が上がり寒くなりましたね。冷え性にとっては辛い辛い季節がやってきましたね。
前回のコラムで、冷えを解消するにはそもそも血液の量を増やす必要があるというお話をしました。

<体内環境を改善する3ヵ条>②血液足りている? 冷えは万病の元! 女性の大敵、冷えを防ぐには…

鉄分ばかりでなく、タンパク質をしっかり食べて血液の材料を補いましょうとお話ししましたが、そこでオススメした食材が鶏肉でした。スーパーでも手軽に手に入りやすく、この季節気になる乾燥肌対策にも効果が期待できる食材です。

今回はそんな鶏肉をメインにした冬レシピ。
市販のルーや乳製品を使わず作れる濃厚な豆乳チキンクリームシチューをご紹介します♪

ルーを使わない豆乳チキンクリームシチュー

<材料>(2〜3人分)

・鶏肉…200g
・パプリカ赤・黄色…各1/2個
・玉ねぎ1/2個
・しめじ…1/2パック
・水…250ml
・豆乳…250ml

・塩…小さじ2/3
・醤油…小さじ1
・こしょう…少々

・サラダ油…大さじ1
・片栗粉…小さじ1と2/1

<作り方>
①鶏肉は一口大にカットする。しめじ、にんじん、パプリカはそれぞれ一口サイズにカットし、しめじは房分けする。

カットした野菜

②鍋にサラダ油を敷き鶏肉を炒め表面に色がついたら、野菜を全て加え油を全体になじませる。
油がなじんだら水を加え一度蓋をして蒸す。野菜と鶏肉にしっかり火が通ったら豆乳を加える。

豆乳のチキンクリームシチュー

③ ②に調味料を全て加え混ぜ合わせる。沸騰させ水溶き片栗粉を加えとろみをつけたら完成!

~調理ポイント~

・②の工程で水で材料を蒸すことで、野菜の甘みやスープのコクを引き出します。
・豆乳は沸騰させすぎると分離しますので注意してください。

体は冷やさない!温かいものを積極的に食べましょう。

市販のルーには気になる添加物や油脂がたくさん入っています。また、小麦粉を使ってルーを作ろうと思うと、慣れていない人ではダマになったりして失敗しがち。そこで今回はとろみをつける目的で片栗粉を使用しました。これを使えば、ルーを使わなくても超手軽にシチューを作ることができます。

これからの季節は冷たいものよりも温かいものを積極的に食べるようにしましょう。
とにかく体を冷やさないことを徹底してくださいね。

また、たくさん作ってしまったシチューは、ジップロックなどに入れて冷凍保存も可能です。
その場合は1週間程度で食べきるようにしましょう。
クリスマスのメニューとしてもいい一品です。ぜひお試しください!

The following two tabs change content below.
松野 エリカ

美容料理家/ERICHE代表    自身のダイエット失敗経験より栄養士となり、卒業後は飲食店厨房に勤務。 銀座のマクロビオティックレストランにて、トップパティシエとしてスイーツ部門のレシピ・メニュー開発、調理など全て一人で担う。   その後、それらの経験を活かし、縁ありドバイにて<ヘルシースイーツ>をコンセプトに掲げた「ERICHE Dubai」をプロデュース。現地モールへ出店し、王室へのスイーツ献上も果たす。   現在は、東京表参道にてリピート率85%を超える料理教室を開催する他、食品メーカーレシピ開発、コラム執筆、動画レシピ出演など<食べてキレイ>をコンセプトに活動中。

関連記事