手帳の世界バナー
そろそろ2019年に向けて準備を始めたい年の瀬。この時期用意したいのが手帳ですね。数ある手帳の中でも、書店で一大ジャンルを築いている“願いが叶う”手帳、ご存知ですか? 占いにもスピリチュアルにもそこそこ詳しいライターが、引き寄せ、占い、自己啓発などの“願いが叶う”手帳をご紹介します。
坂野 りんこ

writer :

坂野 りんこ

今年も残り1カ月となりましたね。少しずつ、来年の準備を始めている人も多いことでしょう。
この時期書店に並ぶのが「手帳」ですね。これを読んでいる人の中には既に来年の手帳を買ったという人も多いのではないでしょうか。

数ある手帳の中でも、書店で一大ジャンルを築いているのが、占い界やスピリチュアル界の有名人たちが出しているもの。8月にこのLily-Jayの特集記事にも登場していただいた、『お金の神様に可愛がられる魔法』の藤本さきこさんも、『お金の神様に可愛がられる手帳2019』という手帳をリリースされています。

多くの手帳が「願いが叶う」「自己実現できる」「お金が貯まる」と謳っていますが、一体どんな内容で、どのような種類があるのでしょうか?
かつて某テレビの朝の占いで有名な占い師の会社に在籍した経験があり、西洋占星術、タロット、気学、算命学、数秘術をかじり、スピリチュアル系の書籍のライターの経験もあるLily-Jay編集・坂野りんこが、各社がリリースしている2019年の手帳をご紹介します。

「引き寄せの法則」達人たちの手帳

2007年に発売された『ザ・シークレット』から10年以上、スピリチュアル界隈で大人気なのが「引き寄せの法則」。
これをテーマにたくさんの書籍が出版されています。一見して難解なことが書かれていますが、基本的な考えは「物事は似た波動のものに引き寄せられる」ということ。

常にいい気分でいる人にはいいことが起こり、「〇〇が足りない」という人のところには常に欠乏が起こり、自虐的な人にはマンガのようにくだらない失敗がつきまとう。
つまり「常にいい気分でいる」「ワクワクする」ということが幸せの近道ですよ、と説いているわけですね。

でも、不快なことやアンラッキーなこともあるのが人生。「いい気分」を毎日キープするのは、なかなか難しいもの。
そこで活用したいのが、手帳です。
本は一度読み終わると何度も読み返しませんが、手帳なら毎日目にします。引き寄せの手帳の多くには、イメージングや声に出して望みを唱えるアファメーション、自分の望みを書き出す方式のものなど、毎日ちょっとずつ実践しましょう、という形のワークが掲載されています。これが、「毎日いい気分」でいるための習慣を作るわけです。

さて、それでは一体どんな手帳があるのでしょうか?
人気の手帳を中心に、いくつか紹介しましょう。

しあわせがずっと続く「予祝」手帳 2019

しあわせがずっと続く「予祝」手帳(2019) [ ひすいこたろう ]

価格:1,728円
(2018/11/29 17:20時点)


コピーライターで、『あした死ぬかもよ?』『あなたの人生がつまらないと思うんなら、それはあなた自身がつまらなくしているんだぜ。』などの著書を持つ、ひすいこたろうさんの手帳。
この手帳は、6月に発売された『前祝いの法則』と連動した内容で、「予祝」がテーマとなっています。この「予祝」とは、夢の実現を先に喜ぶことで引き寄せる、日本古来の願いを叶える方法。夢の実現を「前祝い」することで、実現できるようになるのだそうです。
内容はもりだくさんで、最高の未来を予祝する「未来日記」、今年1年を予祝してしまう「1年予祝」、ピンチをチャンスに変える「予祝マンダラシート」、いま直面する問題を予祝する「未来レター」、予祝を習慣にしてしまう「3行予祝日記」など、様々なワークを掲載。1年後、2019年を振り返ったとき、「自分は最高の幸せ者だ」と思えるようになっているだろう、とのこと。

「幸せの先取り」は、引き寄せの基本です。「楽しいこともないのに喜べない!」という人にも実践しやすい内容となっているので、ぜひ『前祝いの法則』と一緒に購入して、試してみてくださいね。

本当に幸せになる手帳2019 (単行本)

本当に幸せになる手帳2019 (単行本) [ 秋山まりあ ]

価格:1,620円
(2018/11/29 17:21時点)


100%自分原因説で物事を考えてみたら……』の秋山まりあさんの手帳です。秋山さんのワークは即効性のあるものが多く、特にネットで人気なのが「お金を強烈に引き寄せるワーク」です。Youtubeにご本人の動画もあるのでぜひやってみてほしいのですが、実際にこれをやってから収入がUPしたという人が実は私の周りにもいたりします。
この手帳でもまりあさん特有のとっつきやすいミニワークやアファメーションがもりだくさんです。「毎日のホメホメワーク」は、ネガティブに陥りやすい人には特におすすめ。書き込んでいくうちにどんどん前向きになっていくことでしょう。

毎日を幸せにするホ・オポノポノ手帳2019

毎日を幸せにするホ・オポノポノ手帳 2019 / カマイリ・ラファエロヴィッチ 【本】

価格:1,836円
(2018/11/29 17:23時点)


ハワイに伝わるセルフクリーニング法、「ホ・オポノポノ」はイハレアカラ・ヒューレン博士が提唱し、引き寄せの法則とともに有名になりました。クリーニングの方法はとてもシンプルで、「ありがとう」「ごめんなさい」「許してください」「愛しています」という4つの言葉を唱えることで、自分の中のインナーチャイルドが持つ過去の記憶を浄化し、現実に起こっているマイナスの影響を取り除く、というものです。
この手帳では、ホ・オポノポノの基本的なクリーニングツールをはじめ、クリーニングの助けになる「ちぎれるメモ」、そしてこの本だけの2019年度の新しいクリーニングツールを紹介しています。毎月、毎週のカレンダーにはヒューレン博士とKR女史の言葉が掲載されているほか、ヒューレン博士とKR女史の対談『ウニヒピリに秘密を打ち明けよう』も掲載されています。
消し難い罪悪感や子供の頃からの辛い記憶など、明確な悩みを抱えている人におすすめしたい手帳です。また、「理由もなく漠然と辛い」という場合も何かしらの記憶の再生である場合があり、ウニヒピリ(インナーチャイルド)との対話で原因が判明する場合もあります。

愛と感謝が幸せを呼び込む Amy2019引き寄せスケジュールブック

引き寄せスケジュールブック(Amy 2019) 愛と感謝が幸せを呼び込む [ 奥平亜美衣 ]

価格:1,620円
(2018/11/29 17:24時点)


「引き寄せ」の教科書』など、累計57万部もの引き寄せ系書籍を発行し、さらにはネヴィル・ゴダードエスター・ヒックスのエイブラハム本の翻訳でも知られる奥平亜美衣さんの手帳です。
毎日の「感情のゴール設定」、好きなことリスト、感謝リスト、ポジティブな言葉に言い換える例文など、ポイントを押さえた構成となっています。

宇宙のリズムで幸運を手にする!? 占い系の手帳

スピリチュアル界隈で、引き寄せと同じくらい人気なのが占いです。
特に西洋占星術が人気ですが、その他にも数秘術、風水などの手帳もあります。
引き寄せの書籍の中でも多くの人が触れていますが「宇宙」はスピリチュアル界では大きなキーワードとなっています。月のサイクルや惑星のリズムに合わせて生きることで、自分の本質に立ち還ることができる、と語る人もいます。
手帳ではその宇宙のサイクルに注目したものが多く、ここで紹介している以外にも『MOON BOOK 2019』『わたし時手帖2019』といったものがこのカテゴリに入ります。

星ダイアリー

星ダイアリー獅子座(2019) [ 石井ゆかり ]

価格:1,620円
(2018/11/29 17:26時点)


占いサイト『筋トレ』の無料占いをきっかけにブレイクし、大人気作家となった(ご本人は占い師ではなくライターと自称されています)、石井ゆかりさんの手帳です。
実は私の2010年と2011年の手帳はこの星ダイアリーでした。ゆかりさんの読み物も面白かったんですが、興味深かったのがカレンダーに書かれた宇宙のサイクルの部分。
月の満ち欠けや、二十四節気、星占いに関係する10個の天体(月、太陽~冥王星)の動きなど、星の情報が記載されているのですが、「なんだかこの時期、仕事がうまくいかない…」「人との連絡が滞りがち…」というとき、手帳を見返すと火星や水星が逆行していたり、何かの区切りのときにカレンダーを見るとちょうど満月だったり。天体のサイクルと自分がシンクロしていると感じることが一度や二度ならず起こり、驚いたものです。

2017年から星座ごとに分割されたので、より詳細にそれぞれのプロフィールを読むことができます。
Kindleでは手帳以外の占い部分だけを購入することもできますので、既に他の手帳を買ってしまった方はぜひKindleをどうぞ。

月星座ダイアリー2019 自分の「引き寄せ力」を育てたいあなたへ Keiko的Lunalogy

月星座ダイアリー2019 自分の「引き寄せ力」を高めたいあなたへ Keiko的Lunalogy [ Keiko ]

価格:1,566円
(2018/11/29 17:27時点)


最近の占星術で特に人気なのが「月星座」を使った占い。その牽引役となっているのがこのKeikoさんです。
西洋占星術では生まれた瞬間の太陽がどの星座の方角にあるのかで占うのですが、この月星座では月の位置で占います。月はその人の本質を司り、太陽星座の性質=外から見た自分、月星座の性質=ひとりでいるときの自分を表しているとされます。
例えば太陽星座は獅子座で月星座が魚座、という人がいた場合。一見、リーダーシップを取るのが苦にならなかったり、社交的に見えたりといった獅子座らしい性質が見えるかもしれません。でも実は孤独が好きで、ひとりで過ごす時間がないとぐったり疲弊する、という魚座の性質を持っていたりします。
このように、自分が本当に何を望んでいるのか、どういう状態が心地いいのかがわかるのが月星座です。
引き寄せは自分が本質的にワクワクすること、心地いい状態を先取りすることがその神髄です。つまり、自分の月星座を知ることで引き寄せ力が高まる、ということになるわけです。

また、この手帳は「新月始まり」となっているのが特徴。新月は物事をスタートするのにいいタイミングとされます。このような宇宙のサイクルを日々意識することができるようになる手帳です。

起業家・有名ブロガーの手帳

有名人や起業家など、「成功者が使っている手帳」というのも人気ジャンルのひとつです。
冒頭でもご紹介した藤本さきこさんの手帳もその一種ですね。貧乏なシングルマザーから、年商3億を売り上げる会社の社長となったさきこさんの人生が変わったのは、手帳のおかげでした。そのエッセンスを反映したのが、さきこさんの『お金の神様に可愛がられる手帳 2019』です。
その他、自己啓発の大家・本田健さんの手帳などもありますが、女性向けでオススメしたいのが人気ブロガーはあちゅうさんと村上萌さんの手帳。こちらは小さな「やりたいこと」を書き出し、実現することで、「書けば書くほどやりたいことが実現する手帳」なのだそうです。
それぞれ、見ていきましょう。

お金の神様に可愛がられる手帳2019

藤本さきこさんの「お金の神様に可愛がられる手帳 2019」。
さきこさんが提唱しているメソッドは「明らめる」というもので、人生で起こる様々な事象に対して手帳に書き出し、明らかにし、自分の心を詳らかにすることで向き合うというものです。

例えばさきこさんはかつて、月収10万円でボロボロの家に住んでいるシングルマザーでした。それをずっと見ないふりをして、自分に言い訳をしてきた。でもすべての現実をノートに書き出し、明らかに見て、みじめな自分を観察した。そして決めた。
「明らめる」、そして「どうしたい?」と問いかけて「決める」。そうすることで、背景がどんどん変わり、今では年商3億の会社を経営するまでになりました。
この作業を《毎日のお題》でトレーニングできるのが、この「お金の神様に可愛がられる手帳 2019」です。

それまで漠然と考えていたお金、家族、人間関係などをテーマごとに書き出していき、自分の思考のクセを把握することができます。これらを実践することで、自分が無意識に抱えていた思い込みやブロックを自覚し、「本当はどうしたい?」とひとつひとつ問いかけていきます。それらを続けることで、“お金の神様に可愛がられる”ことができるようになるのです。
現実に不満がある人、引き寄せが提唱するポジティブに疲れた人、「毎日いい気分」ではうまくいかない人はぜひ、これを試してみてください。引き寄せと違って、さきこさんのメソッドはネガティブを否定しません。嫌な気分は嫌な気分として、それをまるごと受け入れる。表面的な「ポジティブ」を嘘くさく感じ、受け入れがたく感じる人におすすめです。

週末野心手帳 WEEKEND WISH DIARY 2019

週末野心手帳 2019 ティファニーブルー WEEKEND WISH DIARY [ はあちゅう ]

価格:1,944円
(2018/11/29 17:29時点)


人気ブロガーで作家のはあちゅうさんと村上萌さんの手帳は、「書けば書くほどやりたいことが叶う」手帳。
ぐっときたのがこのコピー、“小さな「やってみたい」を1つずつ叶えていけば、毎日がもっともっと楽しくなる!”。確かに、「やってみたい」の次に「でも、大変そう」「だって、時間がないから…」と、「でも」「だって」で実行しないままにしていること、いっぱいありますよね。
自分を分析し、なりたい自分を描き、欲しいもの、やりたいことを挙げて、ノートに可視化していく、という作業は引き寄せの手帳術でも超定番。この手帳はわかりやすいガイドのおかげで「自分がどんな人間か」を分析し、「自分がやりたいことは何か」といった“野心”を書き出すのに適しています。
やりたいことが漠然としている人に特におすすめの手帳といえるでしょう。

ここでは紹介しきれませんでしたが、他にも願いが叶う手帳、引き寄せの手帳はいっぱいあります。
探せた分だけ並べておくので、気になる手帳があったらチェックしてみてくださいね!

坂野 りんこ

Lily-Jay編集&ライター。頑張っていない方のアラフォー先輩。気が付いたらライター歴15年以上。Lily-Jayにはこの春から編集として参加しています。 成人女性として生きてきた約20年の間にサボりまくったツケを取り戻すべく、記事を通して一緒に成長していきたいところです。 ライターのほか、書籍の編集者、イラストレーター、漫画家としての顔もあります。 著書は『新感覚ごがくしょ 笑ってイタリア語マスターちゃおイタ』『江戸ちえ』(中経出版)。

関連記事