新規会員登録はこちらから

「女性の自立傾向」別!? 自分に合う男性を選ぶ新基準

笑うカップル
理想の相手と出会うには?
「自立した女性が好み」なんてよく言われるけれど、実際そういう女性がモテるかというと違うようで…? アンドウミカさんの連載コラム「魅力アップ道場」今回は、好きになる女性のタイプ別に男性を分類して傾向と対策を解説する「自分に合う男性の選び方」について。

今まで、どんなタイプの人と付き合うことが多かった? どんなタイプの人に好かれる? したい恋愛スタイルと実際の恋愛スタイルが、見合ってる? どんな人も、どんな恋愛も完璧なんて有り得ないので、100%そうなるかは別として、自分に合ってる、一緒にいて心地いいなと思える相手なのかどうか。自分に合う男性を知るためにはどうしたらいいのか、一緒に考えていきましょう。

モテるのは自立してる女性?してない女性?

男性に好きなタイプを聞くと、よくこんな言葉が返ってきます。
自分の時間を楽しめている女性、何かに頑張ってる女性は魅力的」……これ、どう思う?
自分の時間をあまり楽しめていない、何かを頑張ることなく時間を持て余している女性は魅力的じゃないって話なんだけど、一方で、自分の時間を満喫しすぎている女性は「男なんていらなさそうだよね」なんて言われてしまったりします。

なんなの?どっちがいいの??

もちろん限度はあるので、暇すぎる子も忙しすぎる子も程度の問題だとは思うけれど、単純に男性側の好みや価値観な気がしなくもない。そして、それはタイプ別できそうな気がする。「必ずしも」ではないけれど、「そういう傾向があるのでは?」程度の参考にしていただけると嬉しいです。

A:趣味の少ない女性を好む男性

のんびりすることが好きな人で、趣味やライフスタイルの拘りが少ない子を選ぶ男性は、こんな傾向があります。

・ 連絡がマメ
・ いつも一緒にいたい
・ 束縛する
・ 依存傾向がある
・ 彼女をオレ色に染めたい
・ 自分自身に対する自信は実はそんなにないかも
・ 年収はそんなに高くないかも
・ または忙しく頑張ってる俺に合わせて応援してくれ
・ 相手に甘いけど自分にも甘い
・ 傷の舐め合い恋愛タイプ

趣味や仕事で自分の時間を満喫しまくってそうな自立した女性に対して、「俺よりいろんなことが出来て手に負えない」「男いらなくね?」「勝てない」と思うかも。

B:自分の時間を楽しんでいる女性を好む男性

自分の時間を満喫している自立型の女性を選ぶ男性は、こんな傾向があります。

・ 自分が忙しいからあまり構えない
・ 束縛しない
・ お互いをリスペクトできる関係を望む
・ 自分自身に自信があるかも、良くも悪くも
・ 自分の時間を大事にする(会えない時間がある)
・ ブランド好きな場合があるかも
・ 自分に厳しい分相手にも厳しい
・ 成長しあう恋愛タイプ(成長の強要もややあるかも)

時間を持て余してる女性に対し、「構ってちゃんで大変そう」「一緒にいて成長はなさそう」と思うかも。

どんな男性と恋愛したいのか

自分がどんな恋愛をしたいのか、どんな男性とお付き合いしたいのかで、どんな自分でいるとそれが叶いやすいのかを考えよう。
傾向と対策です。

常にベッタリしてたいのに、自分が趣味で忙しかったら、ベッタリタイプの男性はあなたを選ばない。
成長できる恋愛を望んでいても、自分で「選ぶ」をせず相手に合わせていたら、成長型の男性はあなたを選ばない。

例えば私の場合、

・ 連絡がマメ
・ まあまあベッタリ
・ まあまあ束縛しない
・ お互いをリスペクトできる関係を望む
・ 自分自身に自信がある
・ 自分にも相手にもそこそこ厳しい
・ ブランド好きじゃない

なーんて人がいたら最高!(笑)と、思ってます。つまり、Aタイプ寄りの男性を好きになってしまう傾向がある。
ところが私は超多趣味で自分の時間を満喫しまくっているので、どう考えても合うのはBタイプの人。そんなタイプの私がAタイプと付き合ってしまうと、「男いらなそう」とか萎縮されてしまうことが多々。そして、Bタイプの人とは「同志」のようになってしまうことも多々。…こうなると、「育てる/育つ」をする必要がある。

完璧な人はいない(自分自身も含め)

自分の望む恋愛スタイルが100%合う人なんて、まずいません。いたら奇跡。そのくらいに、いません。「いない」ということが前提なほど、いません。
だけど、ざっくり「傾向としては合う」「65%以上は合ってると思う」くらいならば、もうすごく合っていると言っても過言ではないです。

なので、「合わない」と感じるところの妥協点がどこなのか。相手を育てるのか、はたまた自分の考え方が変わる(成長する)のか。絶対譲れないポイントはあるのか、あるならばどこなのか。それを、自分の中だけで考えず、二人の問題なので二人で解決策を見つけ出していきたい。何度も作戦を試し試し変えながら。

この、「解決策を試す」を試みてくれない人には、もう自分が合わせるしかない。それがそこまで苦ではなく幸せの方が大きくなるのであれば、ヨシ。どこかとても無理をしていて、その無理が散りも積もって、いつしかドカーンとなる可能性があるのであれば、それはダメ。そうなる人は、いくら好きでも「合わない」から、とっとと離れてよし。どちらのタイプにせよ、「一方的に合わせてあげる」をしてはダメ。その先には、愛情ではない「依存」という深い深い落とし穴があるから。

さてさて、あなたはどちらのタイプ? 自分の時間を楽しんでいる自立しまくっているか、特に趣味やこだわりはないのか。
そして、どういう恋愛がしたくて、どんなタイプの男性とお付き合いしたいのか。未来の自分のための傾向と対策、紙に書き出してみると、より客観的に見えてきて、きっと楽しいです♪ お試しあれ!

アンドウ ミカ

474 views

セクシーコンサルタント・ボディーメイクトレーナー・作家・恋愛や人生のお悩みカウンセラー。グラフィックデザイナー、ダンサーを経て、2009年よりトレーナーに転...

プロフィール

関連記事一覧