新規会員登録はこちらから

リバウンドする人、しない人

アンドウミカの魅力アップ道場
食事制限やトレーニングを乗り越えて「ダイエットに成功した~!」と思ったのも束の間、体重はいつの間にか元通り。……そんな経験がある人は必見。ボディメイクトレーナーアンドウミカさんの連載コラム「魅力アップ道場」、今回のテーマは「リバウンドをせずにスタイルをキープする方法」です。

多くの人が、「ダイエットには何度か成功しているけど、その後しばらくすると元に戻ってしまう」というのを繰り返してしまいます。
あんなに頑張って痩せたのに、あんなに回りからも「痩せたねー!」と言われたのに、また太る。
私のスタジオのお客様でも、「せっかく痩せたのにまたいつもの生活に戻ったら太るんじゃないかと不安で」と言う方がいます。
そう、太っていた時と同じ生活に戻したら、その時の体型になるのは当たり前! 当然です。
では、どうしたらリバウンドしないでスタイルをキープできるのか。

期間限定のダイエットは存在しない

「ダイエット期間」を設けて、その間だけ頑張る人が多いように見えます。
パーソナルトレーニングなどでも、スタジオでのダイエットコースが終わったら自分のダイエットも終了とばかりに元のライフスタイルに戻してしまう。すると、体型も当然戻ってしまう。頑張った時間も努力もお金も水の泡です。それどころか、大変だっただけじゃなく太りやすい体質を作ってしまいます。
そう、期間限定のダイエットなら最初からしない方がいい。
でも、多くの人がこの「期間限定ダイエット」をしては、リバウンドを繰り返す。その原因を変えないと何度トライしても変わりません。

○ヶ月で○○キロ落とす系のダイエットがダメ

「とりあえず2ヶ月だけ頑張る」
「短期間で頑張って落として後はキープすればいい」
そんなに甘くありません。

ダイエット期間が終わってからも、目標体重になってからも、ダイエット中と同じだけの運動量や食事制限を続けられますか?
太っていた時よりは、ラーメン食べたりケーキ食べたりの節制を少しはすると思うけど、期間限定で行うダイエットだと「頑張る・無理をする」という状態でいるので、それらをずっと維持することは出来ないので、少しづつまた太り、場合によっては元の体重よりも増えてしまうなんてのもよくること。この、「頑張る・無理をする」の状態で成功を成し得てしまうと、継続はとっても難しくなり、リバウンドしやすくなります!

ライフスタイルを変える=ダイエット

どんなに「無理なく」といっても、今までと食事や運動量など生活を多少なりと変えるので、少しは頑張らないといけません。しかし、既に健康を害していて早急に痩せないと入院になってしまうといった大きな理由がない限りは、焦らず淡々とやれる内容で心身ともに安全に行えることが大きなポイントになります。
なので、スタートダッシュで最初からガツンと摂取カロリーを減らして筋トレをやり過ぎてしまうタイプの人は、ほぼ確実にリバウンドするといっても過言ではありません!
少しずつ、時には我慢もしつつだけど、ちょっとずつ脳と身体を慣らしながら、食事管理とほどよい運動が「当たり前」になるように。せっかくダイエットをするなら、慌てず着実に痩せ、もう一生太らないように、生き方を変えるくらいのつもりで!!

年々代謝は下がるので同じやり方では痩せなくなる

とはいえ、またリバウンドしてしまった場合。
それでも何度かダイエットには成功していると、「また無理すれば痩せる」と思っていると、そうもいかなくなるのが年齢と代謝の落とし穴。「今まではこの方法で痩せられてたのにどうやっても痩せなくなって」と言って来店される方も少なくありません。
そう、年々代謝は下がるので、若いときと同じやり方で同じ結果は出なくなって来ます。

リバウンドせずキープする場合も。
今まではこれでキープ出来ていたり太らなかったのに、急に太り始めたなんて声も聞きます。摂取カロリーや運動量は変わってなくても、基礎代謝が変わっているので消費カロリーは確実に下がって来ます。なので、常に自分の身体に興味を持って、変化に気付き、それに合う食事や運動の内容などを調整する必要があります。

元の状態によって必要な内容は違う

年齢と共に身体と向き合う「調整」の仕方も、その時のお身体の状態で必要な内容は変わります。
明らかに筋力が減っていると思えば筋トレですが、全体的にガシっと硬く張った感じになっていたら、筋トレよりもストレッチや張ったお肉を緩める方が先決。むやみやたらと運動をすると、お身体を痛める可能性もあれば、やたらと食事を減らすと体調を壊す可能性も。なににせよ、「急に頑張る」はダメ。ゆっくり、少しづつ、どうすると身体が楽で快適なのか、身体の声に耳を傾けながら行うのがダイエットであり、身体を健康に美しく保つ秘訣!

プロテインは飲まなくていい

これに関しては、いろんな考え方があると思いますが、ここでは「私の考え」をお伝えしたいと思います。
スタジオのお客様にも「プロテインとか飲んだ方がいいんですか?」と聞かれることがありますが、基本的には「飲まなくていいです」と答えていて、私自身も日常的にプロテインを摂取することはないです。
どんな身体になりたいかと、それぞれの体質によって摂取するしないをアドバイスしていて、摂取する際も体質や目標によって量が変わってくるので、一概に「全員こうしたらいい」というのは存在しません。
プロテインはどれだけ採ってもいいと思っている方がいますが、摂りすぎたら脂肪になります。日常の食事で、お肉や魚が嫌いでどうしてもタンパク質が不足しがちなどの場合は、栄養補助食品としてたまに取り入れてもいいと思います。スレンダーで美しい身体を作りたい人は、筋肉肥大をさせたいわけではないので、プロテイン過多になることは絶対に避けたい。もちろん、足りてないと張りのある身体にはなりづらいので、体重50kgの場合は50gより少し多目に採れたらとは思いますが、元々筋肉質の人は少なめでいいし、自覚できるほど筋肉が付きづらい(脂肪の量とは関係ない)人は、少し多目に摂ってもいいとは思いますが、多くても体重50kgに対し倍の100gは絶対に摂り過ぎです。
あと、運動せずとタンパク質を採っても固めの脂肪が付くだけだと思ってほしいです。程よい運動とセットで。

全てを制すのはやっぱり“美意識”

美意識について、何度かしつこく書いてますが、結局はこれに尽きると思います!
せっかく痩せた身体を維持したいとどのくらい強く思うか、この腰回りのお肉とお腹で女という生き物として平気なのか。夏になるたびに二の腕を隠すことを頑張り、ビキニで海遊びをする人を「私は海に興味ないから」と本当は羨ましく思いながら言うのか。
育児もしつつ忙しく働く美しいママさんや、もうすぐ還暦だけど美ボディーを維持する女性もスタジオに通われているので、「美の維持」が可能な事を知っているので、声を大にして言えますよ! 常に通い続けているわけではない方が多く、ちょっとでもヤバいと自己判断で思ったら、今現在の身体の状態に必要な内容の確認をして身体を戻し、またご自身での調整に。
常に綺麗なシルエットのワンピースを着たいから。
10年後もお気に入りのハイヒールを履いて過ごしたいから。
オシャレをすることに抵抗を感じるような自分になりたくないから。
いつも身体が軽く、心身ともに快適な状態でいたいから。
年齢を言うことに全く抵抗がない自分でいたいから。

誰のためではなく、自分のために! そんな意識を常に持ち、女に生まれたことを楽しめる自分でいたいですね。
せっかく痩せるなら、無駄痩せせずに、キープだよ! むしろ、そこから更に美を磨くくらいのつもりで楽しみましょう♪

Photo:Tumisu

アンドウ ミカ

1,505 views

セクシーコンサルタント・ボディーメイクトレーナー・作家・恋愛や人生のお悩みカウンセラー。グラフィックデザイナー、ダンサーを経て、2009年よりトレーナーに転...

プロフィール

関連記事一覧