新規会員登録はこちらから
  • HOME
  • 女性の生き方
  • 人生に何度も訪れる「安定か、希望か」の選択 キャリアの迷子を防ぐためにしたいこと

人生に何度も訪れる「安定か、希望か」の選択 キャリアの迷子を防ぐためにしたいこと

女性の生き方
どう見てもこっちの道の方が安定している、けれども自分が行きたい道はこっち。どうしよう? ……そんな経験をしたことはありませんか?「安定か、希望か」というのは、私たちの人生のいろんなシーンで登場する究極の選択です。そのような選択に直面したとき、一体どうしたらいいのでしょうか?

「安定」をとるか、「自分のやりたい希望」をとるか。就職活動のときに、この2択で悩んだ方も多いのではないでしょうか。この選択、実は就活だけではなく、30代になっても40代になっても、何度も訪れるものです。そして年齢を重ねる程、選べる選択肢は狭まっていきます。自分はどんな道を歩けばいいのかがわからなくなり、「キャリア形成迷子」になってしまう人も…。そうならないためにはどうしたらいいか、筆者の経験を参考に考えていきましょう。

安定と希望を交互に選んだ20代

「就職=食べていく、生きていく」こと。
現在30代半ばの筆者が大学生の頃、「就活では採用された中で一番良い会社に入っておくほうがいい」という意見を疑いもせず、「安定」を選んで就職先を決めました。

とはいえ営業職のため、ノルマには非常に厳しい世界。営業向きな性格ではなかったこともあり、数字に追い立てられストレスばかりが嵩んでいく毎日。「世間的には安定といわれても、自分には向いていなければ不安定」という気付きを得ました。

出産を機に退職し、再度「安定か、希望か」の選択を迫られたのは第一子を産んだ後でした。当時は転勤族で正社員にはなれなかったこともあり、今しか挑戦できないと「自分の希望の仕事」をフリーランスで選びました。好きなだけではなく向いているように感じたものの、フリーランスという働き方はコンスタントに収入を得るのは難しく、「安定」という言葉からはほど遠いものでした。

手持ちのカードが変わる30代

「人生に絶対はない」と思い知らされたのは30代前半。
「安定している」といわれて新卒で入社した業種は、たった10年で「不安定」といわれるようになりました。ここで初めて、「安定という価値観は、時代の変化によってコロコロ変わるものだ」と気付かされました

一方で、子どもが3人になり、家庭環境に変化もありました。同時に、再度「安定か、希望か」の選択を迫られることに。具体的には、収入が不安定なフリーランスではなく、企業に属して安定したサラリーを得る方がいいのではないか、という迷いが出てきたのです。
そこで転職エージェントに意見を求めたところ、「20代はポテンシャル、30代は即戦力、40代は管理経験が求められます」とのこと。

もちろん職種によっては、未経験から挑戦できるものもあるでしょう。しかし30代以降は経験が求められることが多く、未経験業種への就職は難しいものです。
さらに子どもがいると「17時退社・土日祝日休み・急な休みにも対応可能」な仕事選びが必要になるため、職業選択の幅が非常に限られます。ここで「キャリア形成の迷子」になる女性も少なくないのです。

40代以降も考えられる「安定か、希望か」の選択

これは今だけではありません。40代、50代を迎えても、「安定か、希望か」の選択が迫られるときが訪れます。
今は3人の子育てで忙しい毎日を送っていますが、子供に集中しなければいけない時間はせいぜい10年と少し。その後は働ける時間も増えますし、「自分の人生をいかに生きるか」が問われるようになります。子どもの手が離れ、年をとればとるほど、「自分の人生はこのままでいいのか?」と考える日が来るのも、目に見えています。

また、今の時代に欠かせないのが、AIの台頭。先日TVを見ていたところ、「AIで仕事を奪われるのは男性に比べて女性が3倍以上多い」という統計を目にしました。女性ほど、AIに仕事を奪われてキャリアの迷子になる可能性が高いわけです。

夫のリストラや病気など、家庭環境が変化する可能性は誰しもあるでしょう。加齢による体力的な衰えも無視できません。「たしか」なことはない中で生きていくわけですから、改めて選択の難しさを感じさせられます。

自分の「強み」が、選択するときのヒントとなる

さて、そんな先の見えない時代に、どのようにキャリアを形成していけばいいのでしょうか?

一つだけ言えるのが、自分が何が得意で、何ができるかを明確にしておく必要があるということです。
就活にしても転職活動にしても、基準となるのは「履歴書」。どのような経験があり、どのような活動をしてきたか、あなたの「強み」が問われます。

そして人の「強み」は、行動することで説得力が増します。
「子どもが好きです!」だと「あ、そう」で終わるでしょう。
しかし、子供好きが高じて保育士の資格を取る「行動」を起こしたらどうでしょう。
「保育士免許を持っています!」だと、単なる子供好きではなくプロフェッショナルの卵だと認識されるでしょう。

他の例も挙げましょう。
たとえばあなたが小さな頃から文章を書くのが好きだったとします。でも、それをそのまま人に伝えても「そうなんだ」という反応しか得られないかもしれません。
しかし、そこに「ブログを書く」という「行動」を起こしたとします。
「〇年前からブログをやっていて、ページビューはこれくらいあって、日のユニークユーザーはこれくらいで…」とか「〇年間毎日欠かさずブログの更新をしています」と言うと、「ああ、文章を書くのがうまい人なんだな」とか「ブログ運営がうまい人なんだな」とか「根気強い人なんだな」といった、あなたの「強み」が他人にわかりやすく伝わるようになるのです。

この「強み」は、意外と自分では気がつかないものです。
だからこそ、「安定か、希望か」という選択に直面したときに、自分の「強み」とはまったく関係のない道を選び、「こんなはずじゃなかった」となってしまうのです。そう、営業職時代の私のように。
キャリアの迷子になっている人は、これまでに自分が何をしてきたか、何を続けてきたか、棚卸ししてみましょう。そうすることで、自分が何が得意か、何が苦手かを自覚できるようになります。

先の見えない世界を生きていくために必要なのは、自分の「強み」を活かした道を選ぶことです。
そのためにも、今できることを考え、「行動」し続けていきましょう。

宮野茉莉子

246 views

東京女子大学哲学科を卒業後、証券会社で営業を経験。2011年よりフリーライターへ。 大学時代に学んだ哲学にハマり、哲学を交えた記事を執筆。悩んだら哲学本を開...

プロフィール

関連記事一覧