美容

最新のトレンドから定番まで、美来(ミライ)に役立つ”キレイの秘訣”が満載。
「美しくなりたい!今にも未来にも妥協しない」という女性のために、美容に関するオリジナル記事をリアルな体験談を交えお届けします。

※2週間に一度、記事更新します♡

美容

女性の目

2018.08.10 / ミクニ シオリ

二重整形した女性が語る「二重整形にひとつも後悔はない」リアルな意見

ぱっちりした目に見える二重まぶたは、多くの女性の憧れですよね。最近ではとてもお手軽に整形ができるそうですが、実際にやるとなるとちょっぴり怖いもの。そこで今回は、整形に詳しいライターのミクニシオリさんに、二重整形の費用感やダウンタイムについてなど、整形を考える人が気になるリアルな声について取材してもらいました!

汗を拭く女性

2018.08.10 / 和久井 直生子

日焼けじゃないのにヒリヒリ痛い! あせもと違う汗かぶれの対処法

汗をかく時期になると出てくるのが、あせもなどのお肌のトラブル。特に、ヒリヒリ痛い汗かぶれには注意したいところです。でも、汗かぶれってあせもとどんな違いがあるんでしょう? 予防法はあるんでしょうか? お肌のプロ、ヘアメイクの和久井直生子さんに解説してもらいました!

2018.07.27 / 森山 まなみ

生まれつきの美人でなくてもOK! 人間関係や仕事でも得をする「キレイ」のルール

「美人はいいなぁ」「モデル級の美女になったら、もっといい人生だったのに」……そんなことを考えたことはありますか? 上には上がいるもので、どんなに美人でも、そんな思いに囚われた経験がある人は多いよう。でも、素材にかかわらず自分を綺麗に保つ努力は女性の人生を好転させるものです。今回は生まれつきの素材ではなく努力の美しさで人

ハートマーク

2018.07.27 / 紫 陽花

ただ気持ちいいだけのセックスではNG! あなたを美しくする3つのポイント

「美しくなるセックスに、回数もオーガズムの有無も必要ありません」と語るのは、ラブライフカウンセラーの紫陽花(ゆかりはるか)先生。そのポイントとなるのが、幸せホルモンの1種、オキシトシンです。愛のないセックス、ただ気持ちよくなるためだけのセックスでは美しくなれない。今回はそんなお話です。

日焼け後

2018.07.13 / 和久井 直生子

真っ赤に焼きすぎたら2~3日が勝負! うっかり日焼けをしてしまったときの対処法

日差しが強い季節になりましたね。日焼け止めを塗り忘れて外に出てしまうこと、ありませんか? そんなときは2~3日のケアが大事なんだそう。過酷な環境下でもお仕事をするプロのヘアメイク・和久井直生子さんが、激しく日焼けをしてしまったときプロのテクニックをご紹介します。

フラ人形

2018.07.13 / オルカ

年齢問わず始められるフラダンス。実はこんなに美容にいいんです!

日本全国、あちこちにあるフラダンスの教室。家族や友人が習いに行っているという人も多いのではないでしょうか。どうやらこのフラダンス、美容にとってもいい効果があるんです。そこで今回は、22歳にしてフラダンス歴18年という新社会人ライターのオルカちゃんに、フラダンスの美容効果について語ってもらいました!

下着の女性

2018.06.29 / 紫 陽花

最高なセックスのコツは、準備が8割! 良いラブライフはあなたをもっと美しくします♡

近頃「セックスでキレイになる」といった特集が組まれた雑誌やネットの記事をよく見ますね。でも、「そのためには、実践するセックスの質も大事になってくるし、準備も必要なんですよ」と語るのは、これまでたくさんの性のお悩みをカウンセリングしてきたラブライフ研究家の紫陽花(ゆかりはるか)先生。一体どんな準備が必要なんでしょうか? 

サングラスの女性

2018.06.29 / 和久井 直生子

気づいたらファンデがドロドロ!? 夏の化粧崩れを防ぐベースメイクのコツ7選

汗をいっぱいかく夏は、メイクの大敵ですよね。熱い照明を使う撮影現場でメイクをしているプロのヘアメイクさんたちは、化粧崩れと最前線で戦っている人たち。一体どんなテクを使って化粧崩れを予防しているのでしょうか? CM撮影などで活躍しているプロのヘアメイク・和久井直生子さんに聞いてみました!

仲良し女性

2018.06.15 / Lily-Jay編集部

美人で得する人と損する人の違いって?

よく「美人は得だ」なんて言われますよね。でも、美人だからといって全員が得をしているわけではなさそうで…? 今回のテーマは「美人は損か、得か」? 得をする美人と損する美人の違いについて、実例をもとに考えてみましょう。